ヴィエルホワイトは脇よりもデリケートゾーンの黒ずみ向け?

ヴィエルホワイトには『“デリケートゾーンの”黒ずみ改善アイテム』というイメージがあったのですが。脇にも使えるとのこと。
公式サイトに「デリケートゾーン以外にも、わき、乳首、ひじ、ひざなどにもご使用になれます。」と記載されています。口コミによるとお尻に使った人もいるそうです。

まあそうですよね、デリケートゾーンに使えるのに脇に使えないなんておかしな話ですから。
デリケートゾーンの中でもIラインやOラインといった粘膜に近い部分には使えない黒ずみ改善アイテムは確かにあります。でも、皮膚が薄いとはいえ脇は粘膜ではありません。それなのに脇に使えないとしたら、どの部位に使うのもためらってしまいます。

ヴィエルホワイトはデリケートゾーンにも使えるとアピールしているだけで脇よりデリケートゾーンに使うほうが向いているというわけではなく、脇の黒ずみ改善目的で選んでも何の問題もありません。

問題があるとすれば、数あるボディ美白アイテムの中でどうしても「これじゃなきゃ!」と言い切れる理由があるかどうか。言い切れる理由の有無を探っていきましょう。

脇の黒ずみにも使えるヴィエルホワイトはリポソーム化されている

ヴィエルホワイトで特筆すべきは、リポソーム化です。リポソーム化とは超低分子化のこと。
分子というのは物質の最小単位で、物質というのは物体を構成しているパーツです。100ピースのパズルがあったとします。完成した100ピースのパズルが物体で、ピースの1つ1つが物質です。

「最小単位って原子じゃないの?」と思った人、理系ですか?いえ、文系でもいいのですが。分子と原子の話をちょっとしますね。

水の元素記号を覚えているでしょうか。そうです、H2Oです。

Hが水素で、Oが酸素。そして、Hこと水素が2つとOこと酸素が1つ合わさって、H2Oになります。HだけでもOだけでも水になりません。
水として成り立っている存在、H2O、これが分子です。対して、水として成り立たなくなってもいいのでHとHとOとにバラけさせた時のHやO、これが原子です。

つまりですね、リポソーム化というのは、性質を壊さない範囲ですごく小さくしているということなんですね。

すごく小さくしているのは、浸透しやすくするため。性質を壊さないようにしているのは、壊してしまうと脇の黒ずみを改善するための成分として配合しているのに違う物になってしまうから。

詳細は後述しますけども、14種もの成分がリポソーム化されています。

ヴィエルホワイトは定期購入の初回限定価格が安過ぎる

ヴィエルホワイトの通常購入価格は、税別9,960円です。税別の割に半端なお値段ですね…?ちなみに、税込にしてもキリはよくなりません。

では、定期購入価格はというと、思わず2度見しました。驚愕の税別980円!脇黒ずみ改善アイテムトップクラスの安さ!

ただし、この税別980円というのは定期購入の初回限定価格で、2回目以降は税別4,770円になります。

もっと言うと、初回限定価格が980円になるのは期間限定キャンペーンです。キャンペーン期間が終わってしまうと、初回から税別4,770円になるはずです。キャンペーンが終わってもまたすぐ開始されるか、期間が延長される可能性もあると踏んではいますが。

ヴィエルホワイト商品メモ~
容量 30ミリリットル
通常購入価格 税別9,960円
通常購入時送料 税別500円
通常購入時手数料 コンビニ後払いの手数料で324円
同封物 パンフレット
定期購入価格 初回は税別980円
2回目以降は税別4,770円
定期の縛り回数 5回

初回限定とはいえ驚愕の安さだからか、定期の縛り回数が多いです。5回!

脇の黒ずみを本気で改善しようとすると、最低でも3か月はかけるべきです。
焦らずマイペースにケアするなら半年はかかると見ておきたいですし、黒ずんでいる度合いによっては1年くらいかかる可能性も。

そう考えると5回なんてあっというまですが…。ちょっと重く感じる回数ではありますね、5回って。

ところで、話を期間限定キャンペーンに戻します。

期間限定という話にはなっていますけども、ずっと初回限定価格980円かもしれません。どうしてかというと、ヴィエルホワイトは、初回は2週間で使い切る脇黒ずみ改善アイテムなんです。

30ミリリットルという容量は本来であれば1か月分です。ところが、1か月相当量を2週間で使い切ることで効果を実感しやすくなるという前提のもと、「初回は1か月分を2週間で使い切ってください。」と公式サイトで案内されています。
美肌サプリメントで最初のうちは多めに飲んだほうが効きやすいと聞いたことがあるので、それと似たようなものだなと。

当然、定期購入2回目は翌月ではなく2週間後に送られてきます。
この『初回は2週間で使い切る』スタイルをヴィエルホワイトが貫くのであれば、初回限定価格は税別980円をキープしないと購入意欲が削がれちゃうんじゃないの?と、余計な御世話かもしれませんが思いました。

なお、定期購入初回は決済方法で代引を選ぶことができませんので注意してください。2回目以降は選べます。定期購入の場合は代引もクレカ決済もコンビニ後払いも手数料無料です。

~購入スタイル別価格表~

価格 送料 手数料
通常購入 税別9,960円 税別500円 代引・コンビニ後払い共に税別324円
定期購入初回限定価格 税別980円 無料 無料 ※代引選択不可
定期購入2回目以降 税別4,770円 無料 無料 ※代引選択可能

ヴィエルホワイトはどんな脇黒ずみ改善成分をリポソーム化している?

さて、既述の通り、ヴィエルホワイトは14種の成分をリポソーム化=超低分子化しています。その14種類の成分について掘り下げていきましょう。
大きく分けると、

美白成分×3種
天然由来成分×11種類

と二分され、もう少し細かく分けると、

  1. 美白
  2. 保湿
  3. 保護
  4. 透明感
  5. エイジング

という5タイプの成分になります。

3種の美白成分
リポソーム化されている美白成分は、

  • トラネキサム酸
  • アルピニアカツマダイ種子エキス
  • 党参抽出物加水分解液

の3種です。

トラネキサム酸

説明しなくてもいいんじゃないかというほどに脇黒ずみ改善アイテムによく使われている美白成分。ヴィエルホワイトの主成分。

アルピニアカツマダイ種子エキス

ショウガ科の植物・アルピニアカツマダイの種子から抽出したエキス。ざっくり言うと、メラニン色素の生産にブレーキをかける美白成分。
メラニン色素は何らかの刺激を受けると「作りなさい」の指令が出て生産され始める。近年、「作らなくていい」という指令も存在することが判明。その「作らなくていい」という指令を活性化することでメラニン色素を生産させないようにする成分が、アルピニアカツマダイ種子エキスには含まれている。

党参抽出物加水分解液

漢方薬として長い歴史を持つ党参(とうじん)から抽出したエキスを加水分解した物。メラニン色素が生産される過程で必須となる酵素・チロシナーゼの活性化を阻害するという美白効果を持っている。メラニン色素を作っている主要スタッフをおとなしくさせるといったイメージ。
アルピニアカツマダイ種子エキスの美白効果をサポートする効果も持っていて、セットで配合されることがままある。
アルピニアカツマダイ種子エキスも党参抽出物加水分解液も日本では医薬部外品向け原料で、医薬部外品ではない化粧品には配合できない。ヴィエルホワイトは医薬部外品なので配合できる。

3種の保湿成分
リポソーム化されている保湿成分は、

  • トリプルヒアルロン酸
  • エクトイニン
  • アマチャヅルエキス

の3種です。

トリプルヒアルロン酸

  • ヒアルロン酸Na-2
  • アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
  • 加水分解ヒアルロン酸

上記3種のヒアルロン酸をセットでトリプルヒアルロン酸と呼ぶ。

ヒアルロン酸は水分をキープする力こと保水力に優れているという保湿効果を持っているものの、分子サイズが大きいという弱点を持つ。そのため、通常のヒアルロン酸よりも浸透しやすくなるようにとヒアルロン酸Na-2が開発された。

また、通常のヒアルロン酸の2倍の保水力を持たせつつ、肌なじみが良くなるようにと開発されたのが、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム。さらに、分子サイズが大きいヒアルロン酸の分子が小さくなるように加水分解した物が、加水分解ヒアルロン酸。

ヒアルロン酸は脇黒ずみ改善アイテムによく使われている保湿成分でもある。

エクトイニン

一言で言うとアミノ酸。

エジプトにある、塩湖。ご存じのようにエジプトは砂漠地帯で、1年中紫外線が降り注ぐ場所。塩湖は環境が過酷過ぎるあまり生き物がほとんど存在していない。「まったく」ではなく、「ほとんど」と使ったのは、そんな環境でも生きている微生物がいるため。

その微生物の中に存在しているアミノ酸がエクトイニン。

エクトイニンは保水性を持っている。ただの保水性ではなく、過酷な環境下で生きていかれるほどの強力な保水性。
そんなエクトイニンの保水力を取り入れた化粧品が少しずつ増えていっている。

ヴィエルホワイト以外に例を挙げると、脇黒ずみ改善アイテムではないがルルルンのシートマスクに配合されている物がある。

アマチャヅルエキス

ツル科の植物であり、薬草として使われてきたアマチャヅルから抽出したエキス。
細胞には水の通り道になっているタンパク質が存在する。そのタンパク質をアクアポリンと言う。
アクアポリンは加齢により減少してしまうことがわかっていて、歳を重ねれば重ねるほど肌の水分量が減るのはアクアポリンが減ることも原因のひとつ。
そんなアクアポリンを活性化させるのがアマチャヅルエキス。活性化させることで、乾燥している状態から乾燥が和らいだ状態へと導ける。

3種の肌を保護する成分
リポソーム化されている肌を保護する成分は、

  • セラミド3
  • リポソーム化カンゾウエキス
  • テンニンカ果実エキス

の3種です。

セラミド3

セラミドは水分をキープする保水力が特に優れていると言われている。水分をはさみ込む性質を持っているためで、ヒアルロン酸などが持つ水分を抱え込む性質よりもセラミドのはさみ込む性質のほうが水分を逃がしにくい。

ヴィエルホワイトに配合されているのは、セラミドの中でも3という数字を割り振られているセラミド。セラミド3は人間の肌の中にも存在している成分で、肌と親和性が高いという利点がある。

保水力に優れたセラミドは保湿成分に分類されることが多いが、脇黒ずみ改善アイテムにおいては肌を保護する成分だと考えるメーカーが複数存在する。

リポソーム化カンゾウ葉エキス

漢方薬の中でも知名度の高いカンゾウ(甘草)。そのカンゾウの葉から抽出したエキス。

カンゾウエキス自体は美白成分として配合されることがある。
ヴィエルホワイトの場合、リポソーム化している成分を浸透させるのに一役買っている成分というか、浸透させるために配合している節がある。
そのため、リポソーム化している14種の成分の中でカンゾウ葉エキスだけわざわざ「リポソーム化」と冠している。

テンニンカ果実エキス

常緑低木の植物・テンニンカ(天人花)の果実から抽出したエキス。
肌は紫外線を浴びることでダメージを受ける。赤くなったり、乾燥したり、酷いとヤケドしたのと大差ない状態になってしまう。
そういった紫外線による肌へのダメージを抑える効果がテンニンカ果実エキスにあることが製薬会社の研究でわかり、それでヴィエルホワイトの公式サイトではテンニンカ果実エキスの効果=UVケアとしている。

2種の透明感を出すための成分
リポソーム化されている透明感を出す成分は、

  • シルバーパイン果実エキス
  • セイヨウオオバコ種子エキス

の2種です。

シルバーパイン果実エキス

ヴィエルホワイトの公式サイトにはシルバーパインとなっている。

シルバーパインと聞いて銀色のパイナップルを連想してしまうかもしれないが、正確にはシルバーバイン、すなわち、マタタビ。猫が酔っぱらうあのマタタビのこと。つまり、マタタビの実から抽出したエキスということ。

肌の透明感が損なわれてしまうのは“くすみ”が原因。くすみは、肌の最上層である角質層が紫外線を浴びるなどして角質層細胞内のタンパク質にカルボニル化という現象が引き起こされた結果だと考えられている。

カルボニル化は糖化と似て非なる現象で、まだ化粧品業界でもそこまで研究されていない。ようするに、肌を本来の色よりも黄色っぽく見せてしまう黄ぐすみが起きている状態。

カルボニル化を抑制する効果がシルバーパイン(シルバーバイン)果実エキスには含まれている。
黒ずみとくすみはまったく同じ物ではないが本来の肌色よりも黒い状態だと考えれば全然まったく別の物とも言えず、透明感を出すことは改善の一環。

セイヨウオオバコ種子エキス

セイヨウオオバコの種子から抽出したエキス。日本在来種のオオバコではなく、西洋のオオバコがセイヨウオオバコ。
皮膚の中のタンパク質と糖とが結合することで引き起こされる、糖化。糖化すると柔軟性や透明感が肌から失われてしまう。
セイヨウオオバコ種子エキスに含まれる成分・プランタゴサイドは糖との結合を邪魔してくれる成分で、それゆえに透明感を引き出すことができる。

3種のエイジングケア成分
リポソーム化されているエイジングケア成分は、

  • 水溶性コラーゲン
  • スターフルーツ葉エキス
  • カモミラエキス

の3種です。

水溶性コラーゲン

もともとは水に溶けにくいコラーゲンを水に溶かした物。低温で溶解させることでコラーゲンがコラーゲンたりえる構造である3重らせん構造を壊さずに保っているという特徴がある。

溶けにくいと言っても高温で強引に溶かすことは可能。しかし、それをやってしまうとコラーゲンの構造を壊してしまう。そして、コラーゲンの構造を壊してしまえば、それはもはやコラーゲンではなくただのゼラチン。

3重らせん構造が壊れていても水溶性であればまとめて水溶性コラーゲンと呼ばれることもある。が、真の水溶性コラーゲンは水溶性かつ3重らせん構造を持つ物。

ヴィエルホワイトに使われているのはもちろん真の水溶性コラーゲン。

スターフルーツ葉エキス

スターフルーツと呼ばれる果実が有名な植物・ゴレンシの葉から抽出したエキス。糖化を抑制する効果を持つ。
また、加齢と共に失われてしまうコラーゲンの生成を促進する効果が注目されている。

カモミラエキス

カミツレ、あるいは、カモミールと呼ばれるハーブの一種から抽出したエキス。
ハーブとして用いられていただけあって、さまざまな効果を持つ。特に知られているのは、消炎・美白効果。
また、アンチエイジング分野で最新のケアとして広がりつつある幹細胞ケアが可能な成分でもある。

口コミをベースにしてヴィエルホワイトの脇黒ずみ改善度を採点

~脇黒ずみ改善アイテム成績表~
価格 ☆☆☆★★[2.8/5.0]
縛り回数と初回を2週間で使い切るのが難点
定期購入縛り回数5回は多いのか少ないのか。ハッキリ言うと多いです。脇黒ずみ改善アイテムの定期購入縛り回数の平均は3回なので2回も上まわっているという…。あとは、初回を2週間で使い切るため、効果アップに繋がっているとしてもコストもアップしています。
返金保証 ☆☆☆☆★[4.3/5.0]
返金保証期間は長い
返金保証期間は長いです。120日間。約4か月もあれば充分過ぎるほどではないでしょうか。返金保証期間は短いより長いほうがいいものの、縛り回数が多いヴィエルホワイトの場合は、返金保証期間をもっと短くして代わりに縛り回数を減らすほうが喜ぶユーザーがいそうです。
安全性 ☆☆☆☆★[4.5/5.0]
無添加かつ日本製
着色料・紫外線吸収剤・動物性原料・シリコン・パラベン無添加。また、プッシュ式ボトルであるため、使用する分だけが出てきて最後まで清潔に使えます。日本製であることもヴィエルホワイト公式サイトにわざわざ書かれているくらいですから間違いなく、安全性は問題ありません。
黒ずみ解消成分 ☆☆☆★★[4.0/5.0]
美白・抗炎症・保湿とまんべんなく配合されている
美白成分、抗炎症成分、保湿成分がまんべんなく配合されています。化粧品には配合できないアルピニアカツマダイ種子エキスや党参抽出物加水分解液が配合されているのが心強い。ただし、リポソーム化されているのはいいとして、成分自体は他社より優れている物を使っているわけではないです。
効果実感 ☆☆☆★★[3.9/5.0]
リポソーム化が効果実感に繋がっている?
リポソーム化することで成分が小さくなって浸透しやすくなるだけでなく、皮膚との親和性が高まり、それでより浸透しやすくなります。二重に浸透しやすくなっていることで、効果を実感しやすくなります。が、縛り回数=最低でも使わないといけない個数なら、効果実感に時間を要しています。
総合評価 価格:2.9
返金保証:4.3
安全性:4.5
黒ずみ解消成分:4.0
効果実感:3.9総合評価点:19.5点

メリットがデメリットを上まわっているか微妙

定期購入初回購入価格が税別980円なのも、脇の黒ずみ改善に役立つ14種もの成分がリポソーム化されていることも、ヴィエルホワイトのメリットです。が、縛り回数が5回、通常購入価格は高め、初回は2週間で使い切らなければならないといったデメリットを上まわるほどのメリットかというと微妙です。

自分に使ってこそ信じられる?ヴィエルホワイト2か月間使用した感触

使用前【写真準備中】

ヴィエルホワイト使用前の脇。黒いのが黒ずみです、と言うのもおかしな話ですが、黒く見えるのは黒ずみで影が写り込んでいるわけではないという意味です。写真だと伝わりづらいと思うのですが少し乾燥しています。

1週間目(7日間経過)【写真準備中】

初回は2週間で使い切るのがヴィエルホワイトのルールですので、2週間の半分である1週間目で効果を実感できるかなと期待していました。正直、現時点では効果を実感できていません。

2週間目(14日間経過)【写真準備中】

初回を使い切りました。というか、頑張って使い切ろうとしました。使い切るためには1回塗って乾かしてからもう1回塗るか、乾きにくいのを承知の上でかなりたっぷり塗らないとです。脇の黒ずみ改善の努力というよりも使い切る努力をした結果効果を感じられたかというと…うーん…?ちょっとよくわからないです。

1か月目(14+30日間経過)【写真準備中】

1か月目というか初回の2週間後に送られてきた2個目を1か月で使い切ったので厳密には44日間が経過しています。2週間で1個使い切ってそこまでの効果を感じられなくても2個目3個目と使っていくうちにぐんぐん薄くなるのかも、と考えていたのですが…。まだハッキリと薄くなったとは感じられません。

2か月目(14+60日間経過)【写真準備中】

使った期間より使い切った個数で考えたほうが良さそうですね、ヴィエルホワイトは。3個使い切りました。結果、少し薄くなったように見えます。でも、他社なら2個使い切った段階で得られるであろう効果と変わらないような?

脇の黒ずみ改善にヴィエルホワイトを選ぶ理由を3つ挙げてみる

リポソーム化されているのは魅力

配合成分のうち14種がリポソーム化されているのはやはり魅力だなと感じます。ちなみに、全成分がリポソーム化されていないのはどうしてかというと、美白や保湿など目的を持っている成分以外にも製品として成り立たせるための成分なども配合されていて、そういう成分を浸透させる必要がないからです。
どんなに良い成分でも浸透させないと意味がない、じゃあ浸透させるためにはどうしたらいいのかと考えた末にヴィエルホワイトではリポソーム化という選択をしたということですよね?そういう工夫や努力が垣間見える脇黒ずみ改善アイテムには好感が持てます。

医薬部外品にしか使えない成分を配合している

アルピニアカツマダイ種子エキスや党参抽出物加水分解液は医薬部外品にしか配合できない成分です。将来的にはわかりませんが、少なくとも現時点では日本では医薬部外品にしか配合できず、配合されている化粧品はありません。ちょっとレアな成分を配合しているわけで、黒ずみ改善のために使ってみたいと心が動きました。

サッパリした使い心地

ヴィエルホワイトの容量は30ミリリットルなんですけども、容量がグラムで表示されている物とミリリットルで表示されている物との違いはわかるでしょうか?ものすごく簡単に言うと、水っぽいかそうでないかです。
液体寄りの製品は容量をミリリットルで表示しています。固形寄りの製品は容量をグラムで表示しています。シャバシャバした美容液系はミリリットルで、クリーム類はグラムということ。
ヴィエルホワイトはミリリットル表示になっていることからもわかるように、どちらかというと液体寄りの美容液です。クリーム類よりもサッパリした使い心地で、しっとりした使い心地よりもサッパリした使い心地が好みならハマるのではないでしょうか。
なお、使い心地がサッパリしているだけで乾燥するほどサッパリしているということではないです。

結局ヴィエルホワイトを脇の黒ずみ改善に使うのはアリ?ナシ?

△:定期の縛り回数5回はやっぱり多い
通常購入価格は税別9,960円に送料税別500円がかかりますから、安くはないですね。脇の黒ずみ改善アイテムの中ではちょっと高めです。定期購入にすると初回は税別980円という業界トップクラスの安さになる反面、それを2週間で使い切る、イコール2週間後には次のが送られてきて支払いが発生するわけで、コストという面ではあまり良い印象を抱けません。
まあ、初回限定でも税別980円にしているのは頑張ってはいます。だったら縛り回数も頑張ってほしいと思うのはワガママでしょうか…。

〇:リポソーム化というメリット
リポソーム化というのはヴィエルホワイトの専売特許ではなく近年の化粧品業界で取り入れられるようになった技術です。したがって、リポソーム化されている脇の黒ずみ改善アイテムを使いたいということでしたら、探せばヴィエルホワイト以外にも出てくるはずです。
出てくるはずですが、ヴィエルホワイトより知名度が高いかどうか。使うのは脇だとしてもデリケートゾーンの黒ずみ改善アイテムとしてなかなかの知名度を誇っているので、わざわざ他を探さなくてもいいのではないでしょうか。

△:初回が安くても2週間で使い切らなければならない
初回を2週間で使い切った時点で劇的に効果を感じられたなら評価は変わっていたでしょうね。何個使い切ってどれくらいの効果を得られたのかという目線で考えると、ヴィエルホワイトの評価はちょっと厳しくならざるをえません。
脇の黒ずみ改善アイテムを使うならこれじゃなければ!と言えるほどの実感にはちょっと足りていないなあという印象です。