脇の黒ずみを解消したいと思っている方は、色々な解消方法をインターネットや本、雑誌で調べたり、それを実践して努力してきたかもしれません。
お金をかけずに気軽にできるものから、毎月数千円払い専門的なケア用品を購入するなどです。
今回は、インターネットなどで一度は調べたことがあるであろう脇の黒ずみの解消法、豆乳ローションを使った方法について取り上げてみたいと思います。

豆乳ローションとは?

016

まずはじめに、豆乳ローションとはなんでしょうか。
これは名前のとおり、豆乳をベースにしたローションのことで、市販されているものもあれば、自分で作ることもできるケア用品の一つです。
豆乳には、大豆イソフラボンという成分が含まれているのですが、これは女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをしてくれるようです。
イソフラボンの主な効果は、体内のコレステロール値を下げたり、自律神経を整える、更年期障害の症状を緩和させる、月経周期を調整するなど、生活習慣改善にとても貢献してくれる物質です。
エストロゲンの主な効果は、妊娠しやすい体を作ったり、心や体を安定させる、落ち着かせる、骨粗鬆症の予防などです。
つまり、女性ホルモンが正常に分泌されることにより、女性は健康な心身の状態を維持することができるのです。
そのため、普段の生活の中でも女性ホルモンがきちんと分泌されるように意識する必要があります。

豆乳の成分と女性ホルモンの関係

では、このイソフラボンと脇の黒ずみ解消にはどんな関係があるのでしょうか。
女性ホルモンの働きの一つに、全身の体毛の発育を抑えるというものがあります。
それに似た働きをするイソフラボンを、ローションとして用いることにより、体毛の発育を抑える効果を期待できます。
体毛の発育を抑えることができれば、脇の毛の発育も抑えることができます。
すると、脇毛を処理する回数も減らすことができ、黒ずみを解消できるというわけです。
脇が黒くなる原因の主なものは、毛を処理する際に生じるダメージや摩擦によるもので、そのダメージや摩擦から肌を守ろうとして、体はメラニンという黒い色素を生成します。
そのメラニン色素が体の中に溜まっていくことにより、だんだんと黒ずんでいきますので、脇が黒くならないように、ダメージや摩擦を減らせば、結果として、メラニン色素がたくさん生成されずに、体の外に排出されるので、徐々に脇の黒ずみが解消されていくというわけです。
そのために、女性ホルモンが多く分泌されている状態を保つ必要があります。
しかし、女性ホルモンは体の冷えやストレス、睡眠不足、食生活の乱れなどの変化をすぐに感じ取る繊細な物質ですので、安定させるのが難しいともいわれています。
そこで、イソフラボンなどの女性ホルモンの代わりとなるものを定期的に肌から注入することによって、女性ホルモンのような働きを安定させることができます。
そうすると、繰り返しになりますが、体毛の発育が抑えられ、脇の毛を処理する回数が少なくなり、徐々に黒ずみが解消されていくというわけです。
また、女性ホルモンが多く分泌されると、男性ホルモンの分泌も抑えることができますので、体毛の発育を抑えることにつながることになります。

豆乳ローションの作り方と注意点

017次に、豆乳ローションはどのように作ればよいのでしょうか。
用意するものは豆乳、レモン、消毒用のアルコールです。
まずはじめに、豆乳250mlを火にかけます。
60℃前後(お湯を沸かして泡が出始めるころ)になってきたら、絞ったレモン1個分を入れます。
豆乳が固まってきたら、火を止め、消毒用アルコールを大さじ5杯ほど加えて、混ぜます。
その後、ステンレス製のざるに手ぬぐいとキッチンペーパーを敷き、豆乳を入れます。
最後に、豆乳が覚めたことを確認し、化粧水の空き瓶などに移し替えて完成です。

豆乳ローションを手作りする際の注意点を明記したいと思います。
豆乳は長期間の保存ができません。
賞味期限は二日ほどです。
そのため、作り過ぎないように気を付けましょう。
また、作る際にも雑菌が入り込まないように、マスクや手袋をつけるなど、衛生面にも注意する必要があります。
雑菌が繁殖したローションを体にぬることによって、逆にダメージを与えてしまうことがないように注意したいです。
それで、雑菌が入る危険性や、長期間保存できないことから、市販の豆乳ローションを購入している方も意外と多いようです。
自分が使用する頻度や手作りするときの手間と値段などを比較してみるのもよいかもしれません。

市販の豆乳ローションを購入する場合は、抑毛に効果があるイソフラボンが多く含まれているものを選ぶようにしましょう。
また、豆乳発酵液やダイズエキスなどにもイソフラボンが含まれていますので、成分表をしっかりとチェックしてみましょう。

二つの効果できれいな脇を目指しましょう!

最後に、最近の研究で明らかになってきた、豆乳ローションの効果についても少し触れておきます。
豆乳に含まれるイソフラボンには、体毛の発育を抑える働きがあることは分かっていたのですが、皮膚の新陳代謝も活性化できることもわかってきました。
肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常化されることによって、メラニン色素や古い角質などを体の外に排出することができ、脇の下がきれいになっていくのです。
そのため、豆乳ローションには、抑毛効果とターンオーバーを正常に戻すという二つの効果があるのです。

まとめ

今回は、豆乳ローションの効果や使い方、注意する点などをまとめてみました。
脇の黒ずみを解決するのに効果的な方法だと分かりました。
一度試してみる価値はありそうです。
豆乳ローションの使用を検討されてみてください。