真剣に脇の黒ずみをなくして美ワキにしたいと考えていても、そのために何でもできる!とは言えませんよね。例えば、予算。色を薄くするためならお金はいくらでも払えるという人はごくごく少数で、予算には限りがあります。私達だってそうです。
そうなると、市販品、特にドラッグストアなどで買えるような気軽に買えるような物で黒ずみ改善ケアできるならそれに越したことはなく、かといって、いくらお財布に優しくても色が薄くならないのでは意味がない。というわけで、ドラッグストアにあるような市販品で黒ずみの色を薄くすることができるのかどうかを検証します。

脇の黒ずみをキレイにできそうな市販品はどんな物がある?

まず最初に。ここでは通販ではなくあくまでもドラッグストアで買える物にこだわっています。送料に厳しいヒト(C菜)がいるのと、通販と店頭購入だったら後者のほうがすぐ買ってすぐ試せるというメリットがあるので。チェーン店のドラッグストアならポイントがたまるというメリットもあることですし。
実際に使ってみてから判断するので、これこれこうだから改善できると推察することは置いておきました。脇の黒ずみを改善できそうな物を、商品名や商品説明、口コミをもとにピックアップしています。ピックアップしたあとで、

  • 脇専用のアイテム
  • 保湿力のあるアイテム
  • 美白力のあるアイテム

という風にタイプ別に分けることができました。具体的な商品名についてはのちほどレポートします。

逆に脇の黒ずみを改善できなそうな市販品もある?

掃除だけじゃないクエン酸のパワー

改善アイテムのピックアップ作業中に、「いや、流石にこれで脇の黒ずみを改善するのは無理があるんじゃない?」と使う前から思ってしまうアイテムにも出会いました。クエン酸です。

クエン酸と言えば重曹と並ぶナチュラルクリーニング用のアイテム。汚れはキレイにできるけれどだからって脇の黒さは汚れじゃないんだから…と思いつつ、なぜクエン酸で脇の黒ずみが薄くなるという口コミが存在するのかが不思議で、クエン酸を使うケアについて調べてみました。

ピーリング効果があるクエン酸水の作り方

10グラムのクエン酸、100ミリリットルの精製水、5ミリリットル(小さじ1)の重曹をよく混ぜ、ぶくぶく出てくる泡が落ち着くまで混ぜたら完成するクエン酸水。これを脇に塗り、数分放置したあと、適温のお湯で洗い流します。クリームなどを塗って保湿をしたら、おしまい。

これの何がどう脇の黒ずみの改善になるのかというと、クエン酸の酸によるピーリング効果です。ピーリングは、簡単に言うと、古くなった皮膚を酸などで溶かして古い皮膚の下にある新しい皮膚が表面に来るようにするというケアのこと。

ターンオーバーを促進させるのがポイント

生産されてもいずれ自然と排出されるはずのメラニン色素の、生産が過多になっているのと、排出が上手くいっていないのとで、皮膚の中にメラニン色素がとどまってしまっている状態。それが脇などにできる黒ずみです。こういう状態におちいった皮膚はほぼターンオーバーが乱れています。一定期間が経つとはがれ落ちて古い物と新しい物とが入れ換わる(=ターンオーバー)皮膚細胞が入れ換わっていないため、古くなった皮膚細胞が肌の表面に残っているということで、そのままでは皮膚細胞が入れ換わるごとに排出されていくはずのメラニン色素が排出されません。また、古い皮膚細胞が本来の肌の層よりも分厚くさせているので、何を使っても成分が浸透しにくいというやっかいさです。

つまり、古い皮膚細胞が居座っている限りどんなに優れた成分が配合されている黒ずみ改善アイテムを使っても浸透されにくいわけで、そう考えるとピーリングは美ワキに近づくのに必須だと言えます。もっとも、市販品の中には手軽に使えるピーリングアイテムがたくさんありますから、脇の黒ずみには絶対にクエン酸じゃないとダメということはないですし、クエン酸で肌が荒れるリスクも。
ちなみに、ピーリングはれっきとしたスキンケアではあるものの肌に負担をかけるケアでもあり、毎日するのはNG!週1回が目安です。市販ピーリング剤の中には週数回使える物もあります。クエン酸なら週1くらいにしておきましょう。

ムダ毛処理が脇の黒ずみに繋がらないようにする市販品

最強の黒ずみ解消法は予防すること

改善することも大切ですが予防することも大切です。できてしまった脇の黒ずみを改善するのと同時にできないように予防しましょう。
ムダ毛処理のやり方を変えることはかなりの予防になります。1番はエステで脱毛することです。両脇6回コースなど格安プランがありますから。ちなみに、私達3人はたまたま全員エステでの脱毛が完了しています。
でも、今回は市販品での脇の黒ずみ改善ケアがテーマですから、エステに頼らずドラッグストアなどで買えるアイテムでないと。そして、ドラッグストアや薬局で買えるとしても、毛穴を傷つけてメラニン色素生産のきっかけになるムダ毛処理アイテムは頼れません。ということは、

×毛抜き
×カミソリ
×電動除毛・脱毛機器

ムダ毛を、毛抜きで抜くのも、カミソリで剃るのも、電動のシェーバーや脱毛機器で除毛・脱毛するのもNGとなります。セルフムダ毛処理アイテムとしてポピュラーな毛抜きもカミソリも使えなくてどうすればいいのという話ですよね。大丈夫、除毛剤があります。

クリームやゼリーで負担を掛けないのもGOOD

クリームやゼリー状の除毛剤を使えば毛抜きやカミソリほどの負荷を脇にかけずに済み、ムダ毛処理の度に黒ずみのもととなるメラニン色素の生産についても促進させずに済むということです。
除毛ではなく脱毛効果を持つゼリーやブラジリアンワックスという手もあります。ただ、脱毛後は脱毛した部位を冷やして毛穴を引きしめるケアが必要になるため、そういうケアをしないで脇のセルフ脱毛すると結局毛穴に負担を強いて黒ずんでしまうことを忘れないでくださいね。

市販されている脇の黒ずみ改善アイテム使用レポート①

それでは、市販されていて脇の黒ずみ改善効果を持っていそうなアイテムを実際に使ったレポートです。まず、脇専用のラインナップから。

使用レポ1

名称:ワキララ クリアウォッシュ
メーカー/ブランド:バイソン/ワキララ
価格:税別760円
用量:90グラム
成分:豆乳発酵液、パパイン、グレープフルーツ果実エキスなど

ボディケアやフェイスケアアイテムのメーカー・バイソンの、脇専用洗浄料です。汚れを吸着するパウダーと、大小のダブルスクラブとで、ザラつきや毛穴汚れや黒ずみをスッキリさせるという物。

A子「毛穴が黒くなってる、もしくは、埋没毛があるせいで黒く見えるタイプの黒ずみ用アイテムだよね、これ」

B美「その通り。スッキリ洗えた感は良かったけど、私達の場合、毛穴汚れも埋没毛もないから…」

C菜「脇専用なのにプチプラな点も良かったんだけどね。同じメーカーの「ブライトアップエッセンス」っていうほうを試せば良かったよね~」

使用レポ2

名称:ワキレ ホワイト
メーカー/ブランド:ロート製薬/メンソレータム
価格:税別1,200円
用量:20グラム
成分:ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、アロエベラ葉エキス、プルーン分解物など

直接塗るタイプのジェルクリームです。チューブ入り。浸透力の高い高浸透ビタミンC誘導体と、角質柔軟成分配合。古い角質(皮膚細胞)をオフする効果があるとのこと。

A子「角質柔軟成分としてクエン酸が使われてるんだって。クエン酸オンリーじゃないからクエン酸そのものを使うのとはちょっと違うだろうけど」

B美「ビタミンC誘導体ってメラニン色素そのものの色を薄くしてくれる美白成分だよね」

C菜「うん、還元作用を持ってる美白成分。でもこれ「古い角質によるワキの黒ずみに着目」って公式サイトに書いてあるんだよなあ…」

使用レポ3

名称:リベルタ 白ワキ姫
メーカー/ブランド:リベルタ
価格:税別1,250円
用量:18グラム
成分:フルーツ酸、ヒアルロン酸など

足の裏の皮をべろっとはがすベビーフットが有名なメーカーが作った脇専用アイテム。基本的にはピーリング剤です。塗ってこするだけでOKというお手軽さ。さらに、ホワイトコーティングすることで黒くても白い美ワキに見せることができます。

A子「黒ずみを白く見せるためにコーティングするっていう発想は良かったんじゃないかな」

B美「今日だけでも白く見せたい!って人はいるはずだものね」

C菜「ただ、ピーリング剤ならピーリング剤、白く見せるアイテムなら白見せアイテムって分けても良かったかも。ベビーフットを作ったメーカーなら良いピーリングアイテムを作るだろうし」

A子「そうなんだよね。コーティングされるせいかつっぱる感じがして、余計な効果に感じちゃった」

市販されている脇の黒ずみ改善アイテム使用レポート②

引き続き、市販されていて脇の黒ずみ改善効果を持っていそうなアイテムを実際に使ったレポートです。保湿力のあるラインナップになります。

使用レポ4

名称:バイオイル
メーカー/ブランド:ジャンパール
価格:税別1,600円
用量:60ミリリットル
成分:ビタミンA、ビタミンE、カモミールなど

傷跡や妊娠線のケアができるとして一躍有名になったオイル。アメリカンな感じの人工的な香りは好き嫌いが分かれるかも?たっぷり入っているので惜しみなく使えます。

A子「ヤケドの跡のケアとかに良いんだっけ?」

B美「うん、聞いたことある。毛穴が傷ついちゃってる黒ずみなら傷をいやしながら保湿できそう」

C菜「オイルの割にサラッとしてるね」

使用レポ5

名称:ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー
メーカー/ブランド:
価格:税込306円
用量:40グラム
成分:ワセリン、酸化防止剤

全身に使える保湿アイテムとして有名なワセリンの、海外製の物。ヴァセリンとワセリンは同じ物です。同じ物ですが、前者はブランド名として登録されています。ドラッグストアやバラエティショップには必ずと言っていいほど置いてあり、安価。ちなみに、より純度が高いのは白色ワセリンなので、そちらを選ぶのもアリです。

C菜「安い」

A子「安さで選ばないで~」

B美「薬局でもドラッグストアでもバラエティショップでもドンキでも買えるのは強みだよね」

C菜「安いけどバイオイルみたいにいやす効果はないよね?」

A子「ないね。保湿力があるから乾燥のせいで脇に黒ずみができてる人の場合はケアできるけど」

使用レポ6

名称:尊馬油 ソンバーユ無香料
メーカー/ブランド: 薬師堂
価格:税別2,000円
用量:75ミリリットル
成分:馬油100パーセント

端的に言うと馬油イコール馬の脂肪です。皮膚の保護ができるなどの効能を発見し、くさみを消すことに成功し、昭和63年に化粧品の原料とする許可を厚生省から得たという歴史のあるアイテム。平成12年には化粧品原料になりえることが世界的に認められました。

B美「おばあちゃんが傷口に塗ってたような…」

A子「傷を直すんじゃなくて傷口の保護になるんじゃない?」

B美「なるほど!」

C菜「てことは毛穴が傷ついて黒ずんでる場合は効果アリ?」

使用レポ7

名称:オロナイン オロナインH軟膏
メーカー/ブランド:大塚製薬
価格:税別440円
用量:30グラム
成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液、オリブ油、ワセリンなど

有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液。殺菌や消毒効果のある成分です。殺菌・消毒効果を持つゆえに切り傷やニキビや軽いヤケドに使えるわけですね。

A子「これは使うかどうしようか悩んだんだよね」

B美「ね。オロナインをたっぷり塗ってパックするとイイのは鼻の黒ずみの話でしょって」

C菜「傷に塗れる物だから毛穴が傷ついてる脇に使用するならまあいいんじゃない?ってなって使ったんだけど」

A子「逆に言うと毛穴が傷ついてない脇の黒ずみに使っても…ねえ?」

市販されている脇の黒ずみ改善アイテム使用レポート③

さらに引き続き、市販されていて脇の黒ずみ改善効果を持っていそうなアイテムを実際に使ったレポートです。トリは美白力のあるラインナップになります。

使用レポ8

名称:豆乳イソフラボン 乳液NA
メーカー/ブランド:常盤薬品工業/なめらか本舗
価格:税別900円
用量:150ミリリットル
成分:豆乳発酵液、ダイズエキス、ダイズタンパク、スクワラン、ミツロウなど

発売以来愛用者の多い豆乳イソフラボンシリーズの乳液です。同シリーズの化粧水を使うよりも乳液を使うほうが乾燥しないだろうと乳液をセレクト。遺伝子組み換えではない大豆が使われています。

B美「パイナップル豆乳ローションに抑毛効果があってムダ毛処理をする回数が減るから脇への刺激が減って黒ずませずに済むっていう口コミを見て、豆乳だけでも良さそうだと選んだのがこれ」

A子「大豆に含まれてるイソフラボンに美白効果があるらしいんだけどどっちかっていうと保湿力を感じたかな」

C菜「抑毛効果はわからなかったけどパイナップル豆乳ローションってどこにでも置いてそうであんまり見かけないから、これのほうが買いやすいよね」

使用レポ9

名称:ルボア ワンティーム オーガニックホワイトクリーム
メーカー/ブランド:サンルイ・インターナショナル/アンティームオーガニックbyルボア
価格:税別2,600円
用量:100ミリリットル
成分:オリーブオイル、セージ、レモン、甘草、ブルーベリーなど

名前の通りにオーガニック原料が使われていて敏感肌でも安心して使えるボディクリーム。美白効果を持つ植物性成分が複数配合されています。

A子「これは大きいドラッグストアに行かないとないかも」

B美「コスメキッチンでも見かけたよ。使用感はすごく好き」

C菜「敏感肌でも使えるくらいだから脇の黒ずみ専用じゃなくてもトラブルが起こりにくいよね」

使用レポ10

名称:ニベア リフレッシュプラスホワイトニングボディミルク
メーカー/ブランド:ニベア花王/ニベア
価格:税別923円
用量:150ミリリットル
成分:L-アスコルビン酸2-グルコシド、ユキノシタエキス、オリーブ油など

美白成分として知られるビタミンCの、不安定で壊れやすいという欠点を改善して安定させているという特徴を持ちます。ニベアの中ではっきりと美白成分が配合されているのは現時点ではこれだけです。

C菜「ねえ、ニベアの種類めっちゃあるんだけど!」

A子「そうねー。でも美白成分配合の物は限られてるよね」

B美「うん、だから、美白できるニベアを探せばOK」

A子「黒ずみ改善のためには保湿も大事だから保湿アイテムとして使うなら美白成分が入ってないニベアでもOK」

使用レポ11

名称:薬用しみ集中対策液
メーカー/ブランド:ロート製薬/メンソレータム メラノCC
価格:税別1,180円
用量:20ミリリットル
成分:アスコルビン酸、トコフェロール酢酸エステル、グリチルリチン酸ジカリウム、アルピニアカツマダイ種子エキスなど

シミやそばかすに効く美容液として人気を誇っています。チューブ状で、さらっとしたオイルみたいな美容液です。活性型ビタミンC(アスコルビン酸)とビタミンE誘導体(トコフェロール酢酸エステル)とで肌の深くまで浸透させます。

A子「美容液というよりもオイルっぽいけどベタつかない」

B美「シミもそばかすも正体はメラニン色素だからメラニン色素由来の脇の黒ずみに効きそう」

C菜「ビタミンCが配合されている化粧品の中ではプチプラだね」

脇の黒ずみのための成分を届けやすくする市販品

復習すると、

*埋没毛タイプ
*毛穴汚れタイプ
*メラニン色素タイプ

脇の黒ずみと一言で言っても上記のように3タイプあります。埋没毛タイプなら埋没毛を、毛穴汚れタイプなら毛穴汚れを、メラニン色素タイプならメラニン色素を、それぞれどうにかしなければなりません。
どうにかしようとなると、黒ずみのタイプがそれぞれ違うわけですから、タイプ別にベターなアイテムを使うのが普通の流れです。ところが、どのタイプにも効果を発揮する可能性が高い成分が存在します。その成分とはAHAです。
AHAとはフルーツ酸のこと。比較的マイルドなピーリング作用を持つ成分です。古くなった皮膚細胞をおだやかに除去してくれるので、埋没毛や毛穴汚れを改善してくれる上に、ターンオーバーをうながしてメラニン色素の排出を助けます。つまり、メラニン色素タイプにも有効です。

名称:スタイリングライフ・ホールディングスBCLカンパニー
メーカー/ブランド:クレンジングリサーチ
価格:税別800円
用量:100グラム
成分:AHA、シラカバ樹皮エキス、ブドウ葉エキス

塗るアイテムだけでなく上記のようなAHA配合の除去アイテムも使ったほうがより脇の黒ずみ改善になると言えます。

こうすれば市販品でも脇の黒ずみに効果がありそう

市販品で脇の黒ずみ改善ケアをしようと思うなら、どれかひとつにしぼるのではなく、複数のアイテムを組み合わせることを推奨します。例えば、

〈改善ケアその1〉
除毛クリーム→専用石鹸→ピーリング→黒ずみケアアイテム

〈改善ケアその2〉
専用石鹸→ピーリング→黒ずみケアアイテム

〈改善ケアその3〉
ボディソープ→ピーリング→黒ずみケアアイテム

こういう流れのケアです。ようするに、

①毛抜きやカミソリを使うムダ毛処理をやめる
②できれば黒ずみケア効果を持つ石鹸で洗浄する
③ピーリングする
④クリーム状など保湿力があって美白力も持つ黒ずみ改善アイテムを使用する

ということです。
ムダ毛処理が必要な人はその1のケアを、脱毛が完了しているなどで不要な人はその2のケアを。その3のケアについては、コストを抑えるなら専用石鹸をカットして普通の洗浄料(ボディソープ)を使うという意味になります。

脇の黒ずみに効果がある市販品を結局推奨しない理由

脇の黒ずみを改善できそうな物を実際に使ってみて、私達の黒くなってしまった脇を美ワキにしてくれそうな効果を持つ物もありました。つまり、市販品でも黒ずみを薄くすることは可能です。が、市販品でのケアよりももっと改善効果が見込めるケアがあると結論が出ました。
市販品には、

脇の黒ずみ専用品となっていても埋没毛や毛穴汚れを改善するだけで私達のようなメラニン色素由来の黒ずみを改善するアイテムとは限らない。
メラニン色素の抑制など改善が期待できる成分が入っているとしても脇専用ではない。
脇専用かつ保湿力も美白力も持つマルチな物はほぼ存在しない。
保湿と美白を同時に行おうとすると複数のアイテムを使わなければならないので手間とコストがかかる。

という弱点があるからです。
ちょっと弱点が多過ぎですね。これはもう、脇の黒ずみ専用品で保湿も美白も叶えてくれる物を頼るのが手っ取り早いですし、確実です。

 

脇の黒ずみ改善アイテムは市販品のほうが安いとは限らない

どうしても店頭購入できる市販品でのケアしかできない!という場合は、ムダ毛の有無次第では除毛クリーム、AHA配合石鹸、保湿力を持つアイテムと美白力を持つアイテムといったラインナップで頑張ってみてください。

ただ、これだけそろえるとなると、プチプラな物を選んだとしてもコストはそれなりにかかります。
コストを抑えようと市販品を検討した私達でしたが、市販品を複数買うのと通販で買える脇の黒ずみ専用改善アイテムをひとつ買うのとでは、後者のほうが安上がりだと判断しました。値段がちょっと高くても、使用するアイテムがひとつで済んで、市販品より効果が高い。だったら専用品のほうがいいです!

市販品は、黒ずみ専用クリームを塗る前にAHA配合ソープで洗浄する、塗ったあとに乳液やクリームで美白効果や保湿効果をプラスする、そういう、専門の物の効果の発揮を手伝うプラスアルファのアイテムとして使いましょう。