レーザー脱毛とレーザー治療の違い

初めに考えたいのは、レーザー脱毛をしたときに、脇の黒ずみが解消されるのか、ということです。
脇が黒くなるきっかけの一つとなるのが、脇毛を自己処理するときに、剃ったり抜いたりして、肌にダメージを与えてしまう場合です。
肌は強い刺激が与えられると、その部分を守ろうとしてメラニンという色素を生成します。
その色素が皮膚の中に蓄積、沈着すると脇が黒くなっていきます。
それをさけるために、レーザー脱毛をして自己処理しなくてもよい状態を作るというわけです。
最近は数千円からと気軽に脱毛ができるようになったので、頻繁に自己処理するよりは脱毛したほうが楽であると、考える方も多くいるようです。
結果から言うと、確かにレーザー脱毛をすると、自己処理をする回数が減るので、脇へのダメージを減らすことができます。
しかしレーザー脱毛の際にも、脇への刺激がありますので、あくまでもダメージを与える回数が減ることによって、メラニン生成が抑えられるという程度で、すべての方の黒ずみが改善されるというわけではないので覚えておいてください。

レーザー治療の効果とは?

では、レーザーによって脇の黒ずみを改善することは可能なのでしょうか。
はい、可能です。
一般的に行われている方法としては、メドライトC6(レーザートーニング)というものです。
特徴としては、黒ずみの症状の程度に関係なく、すべての症状において、治療することができます。
また、短期間での治療も可能です。
加えて、肌への負担も最小限にとどめることができ、肌が弱い方や敏感肌の方でも治療することができます。
これは、QスイッチYAGレーザーという2つの波長を使用して、浅い部分、深い部分の両方に沈着した色素を破壊していく方法です。
これまではレーザー治療による黒ずみの除去は、色素を刺激してしまい、余計に症状を悪化させる可能性があったため、避けられてきましたが、レーザートーニングという特殊な技術により、症状を悪化させることなく、黒ずみを改善することができるようになりました。

この治療に必要な時間は、5分から20分程度で、黒ずみが薄い方であれば、1回の治療で改善する方もいるようです。
3回程度治療を行うと効果を実感できるというのが平均のようです。
最初は一週間から二週間に一度、その後一か月に一回など、ある程度の間隔をあけて治療していきます。
そのため、クリニックによっては、治療のたびに毎回お金を払うのではなく、6回コースなどの治療費がお得になるようなプランを用意しているところもあり、継続して治療を受けられるように工夫しているところもあります。
気になる費用ですが、1回あたり、3千から1万円程度の費用が必要となります。
これは保険適用外のためすべて実費で賄う必要があり、黒ずみの大きさ、治療する回数などにより料金が変わりますので、ある程度の予算を見積もっておいたほうが良いでしょう。

レーザー治療を検討中の人が覚えておきたいポイント

004次に、治療時の様子、治療後の注意点などを挙げていきたいと思います。
治療時間は先ほども少し触れましたが、5分から20分程度と短時間で終わる場合が多く、痛みも少ないようです。


実際に治療を行っているクリニックの表現を借りると、輪ゴムで軽くはじかれたときに感じる痛みや刺激のようです。
どうしても痛みが気になる方は、麻酔を打ってもらえる場合もあるようですので、相談してみるのもよいかもしれません。
治療後の注意点にはどんな点があるでしょうか。
一つに、いくらダメージや痛みが少ないとはいえ、肌への刺激がぜロなわけではありません。
そのため、腫れやヒリヒリするような痛みが数時間続いたり、小さなかさぶたや内出血が発生する場合もあるようです。
もう一つは、治療部分へのダメージを極力避けることです。
例えば、摩擦による刺激や紫外線を浴びないようにする、入浴時に治療部分を強くこすらないなどです。
それで、外に出るときは日焼け止めを塗ったり、肌の保湿を忘れないなどの対策が必要です。
さらに、一度治療した後でも、脇毛の自己処理などによってダメージを与え続けると、黒ずみが再発する可能性もあります。
それで、黒ずみ改善に効果のあるクリームや、美白、保湿成分などが含まれているクリームを塗るなどの、日々のケアも忘れずに行いましょう。

また、クリニックを選ぶポイントの注意点も少し取り上げます。
もちろん、料金が安いとうれしいのですが、そのクリニックの評判や口コミ、実績などを調べられる範囲でリサーチしましょう。
人気のあるクリニックとそうではないところでは、どこかに差があるはずです。
例えば、親身になってこちらの相談に乗ってくれるか、いろいろな提案をしてくれるか、処置が適切か、アフターケアがしっかりしているかなどです。
たいていの場合、一度治療へ行けば終わりではなく、5回程度治療を行うために通うことが考えられますので、安心して治療を任せられるクリニックを選ぶようにしましょう。

このように、レーザーによる脇の黒ずみ改善について考えてきました。
レーザー脱毛は、料金が安いため気軽に受けることができ、自己処理を行うよりは、肌へのダメージを減らすことができるという利点、レーザートーニングによる治療は、費用は高額になる可能性があるものの、黒ずみをしっかり改善したい方に向いているということが分かりました。
このほかの方法としては、レーザー脱毛を行った後、市販されている黒ずみケアのクリームなどを購入し、徐々に徐々に黒ずみを改善していくという方法もあります。
レーザー治療よりも費用をかけずに、黒ずみを改善できる可能性があるので、検討してみてもよいかもしれません。