脇の黒ずみは、黒ずんでいる時点で乙女にとっては重大なトラブルです。が、それだけでなく、“かゆみ”というトラブルとも深い関係があります。
脇の黒ずみとかゆみの関係について、そして、かゆくなる原因やかゆくなった時の対処法などをまとめます。

脇がかゆいのを放っておくと黒ずみになるのは本当なのか

かゆい!そういう時、結構な勢いでストレスが溜まりますよね。かゆいことがまずストレス。かゆいのをガマンするのもまたストレス。でも、かゆい時ってちょこちょこあって、かゆみが特別めずらしい現象なのかというとそうでもなく。

そう考えると、たかがかゆみを放っておいただけで脇に黒ずみができるなんて本当なんでしょうか?

なんと、本当です。厳密には、「かゆいから」と、かくことが問題。意識してかいていても、無意識のうちにかいていても、皮膚が炎症を起こして黒ずんでいってしまいます。

意識してかいている時よりも無意識のうちにかいている時のほうがやっかいかもしれません。寝ている時など無意識の時は意識している時よりも容赦なくボリボリボリボリかきむしってしまうので。

また、かゆいからといってかくともっともっとかゆくなり、かゆみの悪循環におちいってしまうのも良くないです。

黒ずみになるならないはともかく脇はなぜかゆくなるの?

黒ずみになるならないはひとまず置いておくとします。脇はなぜかゆくなってしまうのでしょうか?以下に理由として考えられる事柄を挙げます。

  • 乾燥
  • 衣類との摩擦
  • カミソリでの除毛や毛抜きでの脱毛の刺激
  • アトピー
  • カビ

汗は夏だけ、乾燥は冬だけに注意すればいいわけではありません。
夏でも、いえ、1年中乾燥する可能性はありますし、冬でも満員電車の中など汗をかくことはあります。汗の中には雑菌がいるので、そのせいで汗にかぶれたりかゆくなったりします。乾燥すると肌の中の水分が失われ、そのせいでかゆくなります。

また、きついブラウスなど衣類と脇との摩擦がかゆみを生むこともあります。汗が気になるからと脇汗パットを使っていると衣類とはこすれていなくてもパットとこすれているかもしれません。こすれる、つまり、摩擦。摩擦は黒ずみの原因でもあります。

ムダ毛の自己処理も刺激が強いのでかゆみの原因になりやすく、かゆくなくても毛穴に負担をかけて黒ずみの原因になってしまいますし、カミソリで除毛したらカミソリ負けして痛がゆくなるという人も。

それと、アトピー体質の人は全身乾燥してかゆくなりやすいので、脇も例外なくかゆくなりやすいです。
あとは、ごくまれに脇にカビが発生してかゆくなるというケースも…。

脇がかゆい時に黒ずみにしないためにはどうしたらいい?

脇がかゆいからとかきむしってしまってはまず間違いなく黒ずみになります。そうならないためには、どうしたらいいのか。

何はともあれ、かゆみの原因を取りのぞくのが1番です。

汗をかいていませんか?乾燥していませんか?ニットがちくちくしていませんか?シャツやブラウスが脇に食い込んでいませんか?脇汗パットがこすれていませんか?カミソリや毛抜きでマメ過ぎるくらいマメにセルフムダ毛処理をしていませんか?アトピー体質ですか?

汗をかいたら早めにシャワーなり入浴なりして流しましょう。乾燥してカサカサしている場合は保湿できるクリームなどを塗りましょう。
カサカサしていなくてもかゆいならとりあえず保湿してみるとかゆみが治まることもあります。ニットを直接着るとちくちくするならインナーを着用しましょう。
シャツやブラウスがきついならワンサイズ大きい物を着ましょう。セルフムダ毛処理は処理の回数が多ければ多いほど負担になるのでなるべく減らすかエステ等での脱毛を検討してみてください。アトピー体質なら、かゆい時に塗る薬があるなら薬を、そうでないなら保湿を。

脇にかゆみがある時は清潔にします。ただし、清潔にしようとゴシゴシ洗って摩擦にならないように注意が必要です。
それから、かきむしらずにはいられないほどかゆいなら素直に病院へ!血がにじむくらいかいてしまうならそれはもう病院へ行くレベルですからね。

脇の脱毛がかゆみと黒ずみの原因になってしまうこともある?

個人的には脇の脱毛は超がつくほどオススメしたい物事なのですが、黒ずみのことを調べているとたまに脇脱毛が黒ずみの原因になるうんぬんという意見を目にすることがあります。

カミソリを使うセルフ除毛や毛抜きを使うセルフ脱毛よりもエステ等で脱毛の施術を受けるほうがよっぽど黒ずまずに済むと考えているので、なぜにそんなに脇脱毛が黒ずみに繋がると言われるのかが謎でした。

謎を謎のままにしておきたくないので調べたところ、脱毛施術後にかゆくなったという人が一定数いるようです。そういえばどうだったかなと思って確認したところ、

■脇脱毛施術後のかゆみの有無■
A子→まったくかゆくならなかった
B美→かゆくなった
C菜→時々かゆくなることがあった

ということで、脇脱毛後にかゆくなることは確かにありえます。そして、かゆくなるということは、かゆいからとかいてしまって黒ずみになることもありえるということです。
逆に言うと、かかなければ黒ずみにならずに済むのですが…かゆいのをガマンするのは至難のワザですよね…。

どうしてもかいてしまう。どうも寝ながらかいているっぽい。そういう人は、爪を伸ばさず短めに切って、切ったあとにやすりをかけておくと、かいた時の皮膚への負担がいくらかマシになります。やすりで仕上げるのがポイントです。切りっぱなしにしておくよりも爪が丸くなりますから。
ネイルはガマンしなくてもいいですけど伸ばすのはガマンしたほうがいいですよ。

脱毛後にかゆくなるのはなぜ?かゆくなる人の脇は黒ずみになる?

脱毛後にかゆくなるのは2パターンあって、
①脱毛施術直後にかゆくなる
②脱毛施術直後はそうでもないが気づくとかゆくなっている

ざっくり分けると、脱毛の施術直後かそうでないかでパターンが分かれます。
かゆみが出る人の脇は必ず黒ずみができる、もしくは、できやすいのかというと、そういうわけではありません。

×かゆくなったら黒ずみができる
○かゆくなってかくから黒ずみになる

したがって、かかないように、かゆくならないように、対処さえすれば黒ずむのを防げます。
パターン①のように脱毛施術直後にかゆくなった場合、アフターケア時に塗ったジェル等が肌に合わなくてかゆくなった可能性がありますので、一刻も早く洗い流すといいです。脱毛の施術を受ける日は施術以外に予定を入れずにまっすぐに帰宅しましょう。
ジェル等を塗っていないなら、脱毛の施術そのものが刺激となってかゆみに繋がったと考えられます。脱毛の施術をしたエステなりサロンなりにかゆくなった旨を連絡すると、こうするといいですよこうしてくださいとアドバイスがあるはずです。
パターン②については後述します。

脱毛後にかゆくなった脇に黒ずみができないようにするためには

パターン②のように脱毛施術直後ではないけれど気づいたらかゆくなっていた場合、乾燥でかゆくなっている可能性が高いです。今思うと私達もこの乾燥パターンで脇に黒ずみができてしまったに違いありません。ムダ毛処理から解放されて浮かれるあまり脇が乾燥しているかどうかなんて全然考えていなかったなと反省も後悔もしている真っ最中です。
そういうわけで、乾燥でかゆくなっている時は、

とにかく保湿!
とにかくかかないでガマン!

このふたつが重要です。かゆいのをガマンするのはとっても大変なことですが、かけばかくほどかゆくなる上、黒ずむ可能性がどんどん高くなってしまいます。保湿していてもボリボリかいていたら結局かゆくなりますから、保湿しつつかかないようにガマンすることが重要になります。

冷やすことでかゆみがマシになるので冷やすのもオススメです。ケーキなどを買うとついてくる保冷材をハンカチなどでくるんで脇にはさんでみてください。直接はさむのは脇がしもやけになると困るのでやめておいてくださいね。

特にかゆくなくても乾燥していることもあります。A子がそうでした。乾燥しているとそれをきっかけにメラニン色素の生産が始まってしまうため、脱毛施術を受けたあとは乾燥しているように感じなくても入浴後の清潔な脇にクリームなどを塗って保湿を心がけましょう。

その他にもある、脇の黒ずみとかゆみにまつわるエピソード

脇の黒ずみとかゆみにまつわるエピソードは他にもあります。

汗がかゆみの原因になることがあるわけですが、汗をかいてかゆみの原因にならないようにと制汗剤を使うとなんということでしょうその制汗剤が原因でかゆくなることがあるんです。どうしろと?って思っちゃいますよね。
あとは、かゆいからとかいてしまうと黒ずみになるとさんざん言ってきましたが、すでに黒ずみがある状態でかゆくなることもあります。

制汗剤でかゆくなって脇に黒ずみができるって本当?

脇は汗をかくとかゆくなる。かゆいからとかくと黒ずみになる。じゃあ、脇に汗をかかないように制汗剤を使ったら…?

理不尽なことに、やっぱりかゆくなることがあります。これは、制汗剤の成分が原因です。

そして、かゆいからとかくことで黒ずんでしまうため、制汗剤を使って脇に汗をかかなくなったとしてもかゆくなったなら、かつ、かいてしまったなら、黒ずむことは避けられません。

制汗剤の成分の何が原因か?合う合わないには個人差があるので、あれですねこれですねと成分名を挙げることはできかねます。それに、制汗剤の形状で変わることもあります。例えば、スプレータイプなら大丈夫でも、直接塗るタイプだとかゆくなるなど。逆に、直接塗るタイプが大丈夫でスプレータイプだとかゆくなる人もいます。

あとは、シートタイプの制汗剤。普通に使うぶんには大丈夫でも、ゴシゴシこすることがかゆみの原因になっている場合があります。
パースピレックスという海外製の制汗剤が、発汗そのものを抑制するという非常に効果の高い制汗剤なのですが、これを使うことで脇汗とバイバイできたという人がいる一方でこれを使うとかゆくなってしまうという人もいます。使ってみて合うならかゆみひいては脇の黒ずみ予防になるものの、合わないと予防にもなんにもならないので難しいところです。

脇に黒ずみがある状態でかゆくなったらどうすればいい?

脇にかゆみがあってかいてしまうと黒ずみになる。のみならず、すでに黒ずんでいるのにかゆくなるケースもあります。これはどういうことかというと、乾燥しているということです。

何もケアをしていないから乾燥している、何かケアをしていても保湿が足りないから乾燥している、そして、乾燥しているからかゆくなる。これを放置してしまうと、黒ずみが悪化します。

すでに黒ずんでいるので美白ケアも大事とはいえ、こういう時は保湿ケアに重点を置いてください。かゆみがなくなってから美白ケアに力を注ぐほうが効果を感じられますし、かゆみというストレスがなくなりやすくなります。
かゆいからとかくことで炎症を起こしてしまう、炎症が起きているからかゆい、というケースもあるので、抗炎症成分が入っているクリーム等を使うのもオススメです。

名称:アミノモイスト ぷるぷるリペアジェルパック
メーカー/ブランド:第一三共ヘルスケア/ミノン
価格:税別2,000円
用量:60グラム
成分:ホホバ種子油、スクワラン、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na他

アトピーの人にも使えるスキンケア及びボディケアブランドのミノンには、乳液やクリームのあとつまりスキンケアの1番最後に使う、塗ってそのまま眠れる洗い流さないナイトパックとしても日中の乾燥を防ぐジェルとしても使える「ぷるぷるリペアジェルパック」という物があります。これには抗炎症成分であるグリチルリチン酸2Kが入っています。
あまりにもかゆい時は病院で抗炎症成分配合の外用薬を処方してもらうのがベストですが、グリチルリチン酸2K(別名グリチルリチン酸ジカリウム)は脇の黒ずみ専用アイテムに入っていることが多いので、それで代用するという手もあります。

脇のかゆみも黒ずみも放置しない、予防する、改善する

脇のかゆみも、黒ずみも、放置しないこと、予防すること、改善することがとても大切です。ここを読んでくれているということは改善するべく頑張っている人のはずで頑張っている人にもっと頑張れというのは酷な話かもしれません。でも、頑張ったら頑張ったぶん、結果として返ってきます。焦らずに頑張っていきましょう。