脇の黒ずみを改善するためのケアは、大きく分けると、自分でやるセルフケアと、美容皮膚科やクリニックやエステなどプロに頼るケアのどちらかになります。セルフケアにかかる費用はピンキリですが安く済ませようと思えばプチプラな物を使うという選択肢がある反面、あまり安い物だと効果がイマイチです。対して、プロに頼るケアは決して安くはないですが費用の高さに見合うだけの効果が見込めます。
で、プロに頼るケアのうち、エステでの脇の黒ずみ施術ってどうなんでしょうか?アリ?それとも、ナシ?

サロンにはないがエステには脇の黒ずみを改善するメニューがある

エステと聞くと脱毛した経験があるからか脱毛エステが思い浮かぶのですが、「そういえば、脱毛サロンとも言うよね?」とふと気づきました。違いはなんなのでしょう?

サロン 脱毛なら脱毛の施術オンリー
エステ 脱毛以外にも痩身やフェイシャルなど色々な美容施術を行う

上記のような違いがあります。調べてみて思ったのですが、日焼けサロンも日焼けの施術オンリーですもんね。
つまり、脱毛サロンだと脱毛の施術しか受けられません。脇の黒ずみ改善サロンは聞いたことがありません。じゃあ、エステはというと、脇はもちろんひじや膝やデリケートゾーンなど黒ずんでいる部位をケアするメニューがあります。

エステならどんなものでも脇の黒ずみを改善できる?

サロンは脱毛なら脱毛、日焼けなら日焼けの施術のみを行う場所。対して、エステは脱毛・痩身・フェイシャルなど美容に関するさまざまな施術を行う場所。なので、後者であれば脇の黒ずみを改善に導く施術が受けられます。黒ずみ専門のサロンがあれば話は別ですが、少なくとも、脱毛チェーン店みたいに大々的に黒ずみだけを専門にしているサロンがあるとは聞いたことがありません。

よって、エステへ行くべし。と言いたいところですが、どんなお店でも黒ずんだ脇を改善してくれるかというと答えはNoです。

色々な美容施術を行うのがエステとはいえ、フェイシャルを専門にしていてフェイシャルというカテゴリの中で美白メニューやニキビ改善メニューやアンチエイジングメニューを展開しているお店に行っても脇の黒ずみを改善するメニューは存在しません。だって、フェイシャル(=顔)ですから。痩身専門もNGです。各部位を細くするメニューはあっても黒ずんでいる部位をどうにかするメニューは存在しません。だって痩身ですから。どこでも脇の黒ずみを改善するメニューがあるわけではないと覚えておくと良いでしょう。

ブライダルエステにはノースリーブのドレスを着用する花嫁さんが恥ずかしくないように脇の黒ずみ改善メニューがありますが、式場内に併設されているブライダルメニューだと挙式や披露宴の契約が済んだ新婦だけを対象としていてそれ以外のお客さんは受け付けていないことがあります。ゼクシィでブライダルメニューがあるお店を調べられるので、挙式予定があるならブライダルメニューを申し込んでもいいかもしれません。

エステではこういう施術で脇の黒ずみを改善していく

エステはクリニックと混同されがちですが医療施設ではありませんし、エステティシャンは医師免許を持っていないため医療行為ができません。脱毛は医療行為に当たるんじゃないの?と思うかもですね。脱毛は、医療用レーザーを使えば医療行為になります。医療用ではないレーザーであればエステティシャンでも扱えます。

ようするに、エステで医療行為は受けられません。
よって、レーザーでメラニン色素細胞を破壊するのはエステではできない施術であり、そういう施術を希望するならクニックや美容皮膚科などの医療施設に行くしかありません。
エステで受けられる脇の黒ずみを改善に導く施術は、主に、

*美白パック
*ピーリング
*イオン導入

です。
脱毛することでムダ毛を自己処理することがなくなって自己処理で毛穴や皮膚を傷つけることがなくなって黒ずまなくなる、という意味では、脱毛の施術も黒ずみを改善します。

エステで受けられる脇の黒ずみ改善施術の一例を紹介①

エステで受けられる脇の黒ずみを改善に導く施術のひとつがパックです。
パックとは、美容効果を持つ物で“覆う”ケアのことで、今やスキンケアの常識になったシートマスクもパックの一種です。顔に行うことの多いケアですが、脇の黒ずみにも効果を発揮します。

シートマスクもそうですけども、パックをすることで肌の調子はぐっと良くなりますよね?あれは、パックそのものに入っている美容成分が濃いのと、そういう濃い成分がたっぷりと入っているからです。そういう物で覆うことですみずみまで美容成分を届けられるので、肌の調子がアガるんですね。
エステでは脇の黒ずみ専用のパックをしてもらえるので、一般的な美白パックをセルフで行うよりも効果を得られます。洗い流すタイプのパックが多いです。

エステで受けられる脇の黒ずみ改善施術の一例を紹介②

エステで受けられる脇の黒ずみを改善に導く施術のひとつがピーリングです。

ピーリングとは、古くなった角質細胞をむく・はがす・溶かすなどするケアのこと。簡単に言うと酸性の物で溶かすのですがもちろん安全な範囲の酸性です。
強力な酸は古い角質細胞が分厚く重なっていたとしても一発で溶かしますが、そういう強力な酸を使うことは医療行為に相当するため、エステでは比較的マイルドな酸を使います。「このレベルの黒ずみだと強度Aクラスの酸を使いたいけれどここでは強度Bまでの酸しか使えないんです」なんて感じに。もっとも、例えば、ドクターシーラボと同じグループに属しているシーズ・ラボでは、医師が開発したピーリング剤が使われていますので、ピーリングはマイルド過ぎて効果を感じにくいという心配はなさそうです。

どんなピーリング剤が使われているかはそのお店によりけりですし、お値段もよりけりで、ピーリングのみを行うのか、ピーリングのあとにパックやイオン導入などを行うのかといった違いもあり、価格帯に幅があります。

エステで受けられる脇の黒ずみ改善施術の一例を紹介③

エステで受けられる脇の黒ずみを改善に導く施術のひとつがイオン導入です。
イオン導入とは、ごく微弱な電流を流すことで肌の奥まで浸透するように導き入れるというケア。なんですが、なんで電流を流すと導き入れられるのかという話なんですよ。
前提として、皮膚は層を形成しています。私達が肌だと思っているのは最上層の、角質層ですとか角層と呼ばれる部分です。それでですね、

角質層→酸性:プラスイオンが多い
顆粒層→アルカリ性:マイナスイオンが多い

ということで、最上層の角質層とその下の顆粒層とはプラスとマイナスで反発し合っています。イオンがどうとかは置いておいて、磁石のS極とN極みたいにプラアスイオンとマイナスイオンとでは反発する。深く考えずにそういう物なんだと思っていただけると助かります。
そこに電流を流すと、

角質層→中性
顆粒層→中性

どちらも中性になって、反発し合わなくなります。すると、プラスイオンとマイナスイオンとが反発し合っていたせいで通りにくかった成分が通りやすくなり、結果として浸透しやすくなるんです。これが、「イオン導入を行うと美容成分は肌の奥まで届く」と言われるメカニズムです。
当然、微弱な電流を流すためには、イオン導入できる機械が必要になります。顔だといわゆる美顔器ですね。エステでは美顔器の脇バージョンというかボディ用のイオン導入機器を脇に使います。

脇の黒ずみをエステで改善する際に立ちはだかるハードルとは

エステで施術を受けられる脇の黒ずみ改善メニューについて調べていたらなんだか施術を受けたくなってしまいました。できる限りセルフケアで頑張っていこうと思ってはいるものの、ちょっとくらい頼ってみようかなあという気に。

そんな気分を吹き飛ばすようなハードルが立ちはだかっているんですけどね。

立ちはだかるハードルとは、ズバリ、費用!わかってはいたけれど安くはないむしろ高い!1回でセルフケアの何回分かなあと考えると、やはり、安いとは絶対に言えないです。ちょっと費用についてまとめますね。

脇の黒ずみをエステで改善するなら最低でもいくら必要?

パックにしてもピーリングにしてもイオン導入にしても、定価が決まっていません。ですので、安いと1回2,000円前後で施術を受けられます。

名前を聞いたことがあるような比較的大手のエステでそんな感じなので、ホームエステというか個人が経営しているお店のような規模の小さい場所だともっと安い所もあります。

ただし、あくまでも1回で数千円かかるということです。そして、たった1回で脇の黒ずみが劇的に改善するかというとそれはかなり難しい話です。

乳酸ピーリングのような、美容皮膚科やクリニックで取り扱っている強めのピーリングだと1回でかなり効果を感じられたという口コミや経験談があるのに対し、エステでのたった1回の施術となると、それなりに効果はあってもものすごい効果は期待できないんですね、残念ながら。
となると、最低でも複数回施術を受けることになります。複数回…2回?3回?それとも10回?
何回でどれくらい効果を得られるのかは個人差が生じますから、1回2,000円だとして5回受けたら10,000円、最低でもそれくらいはかかると考えるのが妥当です。

ちなみに、ブライダルエステの場合、強気な価格設定というかなんというか、もっと高くなります。
挙式まで数か月かけてトータルケアをするコースだと10万から20万円くらいです。挙式直前に1回限り行うようなコースはもっと安いものの数万円かかり、2から4万円という価格帯がもっとも多いというデータがあります。

余談になりますが、セルフのムダ毛処理だと負担をかけやすいわけでブライダルシェービングで背中や首など露出する部分のシェービングをしてもらう際に脇もシェービングしてもらえばキレイにムダ毛処理ができる上に黒ずみにならなそうだなと思ったんですけども、ほとんどのブライダルシェービングに脇は含まれていないことがわかりました。脇はデリケートゾーンと同じ扱いで、カミソリ負けを起こしやすいので、ブライダルシェービングには含まないそうです。お願いしてもお断りされるか、オプション扱いで追加料金がかかるとか。

ブライダルシェービングで除外されるからという意味でも黒ずみを予防改善する意味でも、脇は脱毛を完了させておくと良さそうですね。

脇の黒ずみをエステで改善するなら最高でいくらくらいになる?

脇の黒ずみをエステで改善するとなると最高でいくらくらいかかるのか、そんな金額を払う余裕はないとしても試しに計算してみました。
平均的な施術の金額は、15,000円くらいです。ですので、

1回あたりの施術金額 15,000円くらい
施術目安回数 12回(1か月に1度)

15,000×12=180,000円

上記に交通費がかかるとして…1年に20万円ほどかかることになります。1回あたりの施術金額が高ければ当然トータル金額もはね上がります。もっとお安く、1回10,000円くらいの施術金額だったとしても10万円超え!

そうそう、施術は1か月に1度が目安のようです。月2回というエステも。月2回だともっと高くなりますね…。

なお、美容皮膚科やクリニックなど医療施設で受けられる乳酸ピーリングなどのピーリングの施術は、エステの施術の平均的な金額である15,000円よりも高い場合もあれば安い場合もあります。保険が適用されない美容目的の施術は明確な基準がないため、美容皮膚科なりクリニックなりが好きなように設定することになり、まちまちになるからです。
とはいえ、医療施設よりエステのほうが安いと言えるほど安いかは…うん、どっちも高いですね!

脇の黒ずみはエステで改善すればプロに頼れるが費用は高額

エステでの脇の黒ずみ改善施術は魅力的ではあります。が、予想はしていましたけれども、費用は高額です。少なくとも私達は高額だと感じました。
劇的に消える、絶対に消える、ということでしたら、試したい気持ちはあります。でも、ノースリーブのウェディングドレスを着る予定があるわけでもないし、脇の黒ずみを改善するためとはいえそこまで高額な費用を払うほど思いきれないなあというのが正直な気持ちです。