脇の黒ずみの美白を目的に作られている商品をチェックしていて気づいたことがあります。化粧水がない…?美容液タイプやクリームタイプばかりで、化粧水タイプがないんです。
一般的なスキンケアにおける美白と違って、脇もしくは黒ずみ、あるいは両方とも、化粧水という形状が向いていないということではないでしょうか。でも、美白化粧水ってドラッグストアに行けば絶対と言っていいくらい見つけられるポピュラーな美白アイテムですよね。それを使わないのはもったいないように感じます。
そこで、いろんな美白化粧水を実際に使ってみて、脇の黒ずみへの効果の有無を調べることにしました。

脇用じゃなくても美白化粧水は黒ずみを美白できるはず

何度も言いますが黒ずみの原因はメラニン
しつこいようですが、脇の黒ずみの正体はメラニン色素です。まあ、埋没毛だったり毛穴汚れだったりで黒ずんで見えることもあります。けれども、脇などを黒ずませているケースにおけるほとんどの犯人はメラニン色素です。
日向ぼっこが健康に良いと考えられていた昔と違い、現代では日差しイコール紫外線の肌への有害さが広く知られるようになりました。メラニン色素は本来はその有害な紫外線を体内に入れないためのバリアです。「このままでは紫外線が入り込んでしまう!でも黒い壁なら紫外線をブロックできる!」と言わんばかりに、黒くすることで紫外線の侵入を防いでいます。つまり、『黒ずみの正体はメラニン色素』と聞くとメラニン色素が悪者っぽいですけど実はメラニン色素はどちらかというと正義の味方なんです。

本当は勝手に消えてなくるなるヒーローメラニン
しかも、メラニン色素は、勝手にいなくなります。ピンチに駆けつけて名乗らずに去っていくヒーローみたいに。日に焼けて黒くなった肌がいつのまにかもとの肌色に戻るのは紫外線の脅威が去って役目を終えたメラニン色素が排出されるからで、役割を果たしたらいつまでも居座らないスマートさを持っているんです、メラニン色素は。
ええ、それだけなら良かったんですけどね。それだけなら、シミもそばかすも黒ずみもこの世界に存在していないわけで。
メラニン色素自体は居座らないスマートさを持っていても、居座ることはあります。

*何らかの理由でメラニン色素の排出がうまくいかない
*メラニン色素の生産量が排出量を上まわっている

上記のような理由で居座ってしまいます。
そういう“居座りメラニン色素”に効果を発揮するのが美白化粧水です。化粧水に限らず、乳液でも美容液でもクリームでも美白化粧品にカテゴライズされているアイテムはメラニン色素に効果を発揮します。どういう効果を発揮するのかというと、

メラニン色素の生産を抑制する:予防
メラニン色素の排出を助ける:改善

基本的には、予防か改善という効果です。
前置きが長くなってしまいましたね。

〔結論〕美白化粧水はメラニン色素に効果を発揮するので、メラニン色素由来の脇の黒ずみを美白できないわけがない。

ただ、これは理論上の結論なので。実際に美白化粧水を使って脇の黒ずみを改善することは可能なのかやってみないことには真の結論になりえません。

脇の黒ずみのケアができそうな美白化粧水の成分はコレだ

美白成分と一言で言っても、厚生労働省が美白成分だと認めている成分とそうでない成分とがあります。認めている成分が配合されている美白化粧水を使って脇の黒ずみ改善ケアをすれば間違いない!ということで、認められている成分の名前を以下に記載します。

ビタミンC誘導体
アルブチン
コウジ酸
エラグ酸
ルシノール
リノール酸
カモミラET
トラネキサム酸
4MSK
マグノリナン
プラセンタエキス

厚生労働省に認められているイコール美白できる成分ですよということですから、その成分が配合されているなら心強いですよね。ちなみに、上記は厚生労働省が医薬部外品に指定している成分でもあります。
医薬部外品はnot医薬品です。ややこしいことこの上ないんですけど、

医薬品―――医薬部外品―――化粧品

こういう位置関係にあります。医薬部外品は医薬品と化粧品の中間の存在という位置づけです。
「薬なの?コスメなの?」って思っちゃいますよね。どちらかというと薬っぽい。なのに、実際にはコスメ寄り。医薬部外品と化粧品とは、姉妹というかなんというか…化粧品の中で、「何かしらの効果がありますよ」と認可された物だけが医薬部外品と表示されることを許されます。
医薬部外品と表示されている美白化粧水を使えば、美白の効果があると認可されている化粧水なわけで、医薬部外品表示のない美白化粧水を使うよりも脇の黒ずみ改善効果が期待できるということですね。
あとは、医薬部外品ではないものの、

ハイドロキノン
甘草(かんぞう)エキス

なども美白成分として知名度が高い成分です。

美白化粧水を脇の黒ずみに使う時はコットンかスプレーが便利

脇の黒ずみ専用アイテムに化粧水タイプがない理由のひとつは、その形状のせいに違いない、と色々な美白化粧水を使ってみて感じました。やってみるとわかるのですが、手の平に出した化粧水を脇に塗るのって結構塗りにくいんです。少ないと効果を実感できなそうだからとたっぷりめに出すと、よけいに塗りにくい!美容液タイプやクリームタイプは液だれすることがないから塗りやすいのにくらべて、液体タイプはどうしても液だれしやすいです。

ですから、美白化粧水を使って脇の黒ずみケアをする際には、化粧水で湿らせたコットンで優しく拭き取るか、スプレータイプのボトルに入れ変えて黒ずんでいる部位に直接スプレーするかが楽チンでオススメできます。
コットンで拭き取る場合は優しく優しく拭いてください。脇は以外と皮膚が薄くて摩擦に弱いので。そして、摩擦という刺激を受けた脇はメラニン色素の生産に走ってしまうので。
コットンやスプレーボトルといった小道具が必要なことと、小道具を使う手間がめんどくさく感じる人は美白化粧水を使う脇の黒ずみ改善ケアは向いていません、残念ながら。

脇用じゃない美白化粧水の脇黒ずみへの効果の有無①

脇用じゃない美白化粧水でも脇の黒ずみは改善するはず、でも、使ってみないことには結論を出せない。ということで、使ってみました。まずは、A子チョイスのレポから。

名称:薬用 雪肌精
メーカー/ブランド:コーセー/雪肌精
価格:税別 5,000円
用量:200ミリリットル
成分:ハトムギ、トウキ、メロスリア

日本の美白ブランドの中でも老舗アンド知名度が高いのが雪肌精です。青いボトルに白いフタとロゴが印象的。デザイン面に大きな変化はないのでお母さんやおばあちゃん世代も見覚えがあるのでは?
ドラッグストアなどで大抵30パーセントオフになっていてお財布に優しく、ミニボトルがちょくちょく発売されているのでお試ししやすいブランドでもあります。

A子「私の中で美白と言えばこれか資生堂のHAKUなんだけどこっちのほうが安いの。」

B美「私これ顔に使うと赤くなる…。なので、私だけ使えていませんごめんなさい。」

C菜「アルコールかな?スーッとする感じ。」

A子「私はそのスーッとする感じというかサッパリした使い心地が好きなんだけど、脇の黒ずみに使うとなるとB美みたいに合わない人もいるだろうなとは思った。」

C菜「乾燥肌さんはこれよりも保湿成分が多く入っている「エンリッチ」っていうタイプが良さそう。」


名称:エリクシールホワイト クリアローションCⅡ
メーカー/ブランド:エリクシール
価格:税別 4,000円
用量:170ミリリットル
成分:4MSK

資生堂ブランドの中ではそこそこ長い歴史を持つエリクシールの美白ライン。美白のみならず、配合されているコラーゲンが保湿やハリに効果を発揮します。美白成分として配合されているのは資生堂が独自に開発した4MSKという、資生堂の看板美白ブランドHAKUにも配合されている成分です。
30ミリリットル入りのミニボトルは750円で購入できます。

B美「美白化粧品の割にしっとり感があって好き!」

A子「HAKUよりは安いから手に取りやすいのもポイント高いよね。」

C菜「ミニボトルがあって安く試せるのがイイ。」

B美「脇の黒ずみへの効果は?」

A子「なくはない、かなあ。」

C菜「劇的な改善はなかったね。」


名称:スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)
メーカー/ブランド:イミュ/ナチュリエ
価格:税別 650円
用量:500ミリリットル
成分:ハトムギエキス

プチプラ化粧水として他の追随を許さないほどの知名度と人気を誇るのがこちら、ハトムギ化粧水。500ミリリットルも入って税別650円というプチプラっぷりも他の追随を許しません。
スキンコンディショナーという名称よりもハトムギ化粧水として知られていると思われます。ローションマスクや顔や体にとマルチな使い方が可能。

C菜「A子が選んだ割にはプチプラだね。アルビオンのほうのスキコン選ぶかと思ってた。」

A子「いくら黒ずみケアのためとはいってもアルビオンを脇に使うのはちょっと勇気が足りなくて…。ところで、これ、美白化粧水だと思ってたのって私だけ?」

B美「え?違うの?っていうか私達美白化粧水だから脇の黒ずみに塗ってたんでしょ?」

A子「そうなんだけどね…。ハトムギには美白効果があるって説とないって説があって。」

C菜「ハトムギって雪肌精にも使われてる成分じゃなかったっけ?」

A子「うん。雪肌精の公式サイトもよく読んだら『美肌化粧水』になってるんだよね…。」

B美「えー…使ったあとに気づくなんて…。」

A子「脇の黒ずみへの効果、感じた?」

B美「あんまり…。私には保湿力が足りない感じで。」

C菜「確かに、保湿力はない感じ。乾燥が原因で黒ずんでるならこれだとあんまり改善できないんじゃない?保湿アイテムを重ねたいなー。」

脇用じゃない美白化粧水の脇黒ずみへの効果の有無②

脇用じゃない美白化粧水でも脇の黒ずみは改善するはず、でも、使ってみないことには結論を出せないので使ってみた、B美チョイス美白化粧水の使用レポです。

名称:美白化粧水Ⅲ
メーカー/ブランド:花王/キュレル
価格:税別2,300 円
用量:140ミリリットル
成分:セラミド、カモミラET、ユーカリエキス

乾燥性敏感肌向けブランド・キュレルの美白化粧水です。商品名の最後についているローマ数字は使用感を表しています。Ⅲは「とてもしっとり」。Ⅲでしっとりし過ぎていると感じるならⅡやⅠを使ってみてください。

B美「キュレルは美白クリームの使用感が良かったから化粧水も良さそうだなって選んだの。」

C菜「セラミドは人間の肌の中にも存在する保湿成分なんだよね。水分を挟み込んで逃がさない性質を持ってるから保湿できるって成分。」

A子「保湿力があるのは良いと思うけど私にはちょっとしっとりし過ぎだった。」

B美「乾燥肌の私が使ってちょうどいいくらいだから乾燥肌じゃないならベタつきを感じるかもね。」

C菜「乾燥肌でも敏感肌でも使えるのはイイよね、キュレル。ただ、カモミラETは医薬部外品だけどマイルドな効果だから、敏感肌でも使える代わりに脇の黒ずみヘの効果もマイルドって感じ。」


名称:敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ
メーカー/ブランド:無印良品
価格:税別 1,481円
用量:200ミリリットル
成分:ビタミンC誘導体、アンズ果汁、グレープフルーツエキス、スベリヒユエキス

シンプルなパッケージと手に取りやすい価格帯、そして、価格帯の割に高品質な無印のコスメ。その中の、敏感肌用かつこう保湿タイプの美白化粧水です。美白成分としてビタミンC誘導体を配合している他、植物由来の保湿成分を配合。

C菜「敏感肌用で薬用で美白で高保湿って盛り過ぎな気もするけど、使用感はまあまあ良かった。」

B美「私も。乾燥しなくて良かった。」

A子「私にはキュレルの美白化粧水と同様にちょっとしっとりし過ぎだった。」

C菜「ビタミンC誘導体ってハイドロキノンと同じ還元作用を持ってるんだよね?ハイドロキノンはピリピリしてダメだったけどこれは大丈夫だったよ。」

A子「ハイドロキノンよりも効果が低い代わりに刺激が少ないのがビタミンC誘導体だからね。私はハイドロキノンを使ってもピリピリしなかったからこれの脇の黒ずみ改善効果はあんまり感じられなかったなあ。」


名称:ホワイトアップローション
メーカー/ブランド:資生堂/アクアレーベル
価格:税別 1,400円
用量:200ミリリットル
成分:m-トラネキサム酸、ベビーアミノ酸

資生堂の中でもカウンセリング化粧品ではなくドラッグストアのセルフコーナー向けに作られているアクアレーベルの美白ライン。ただのトラネキサム酸ではなく資生堂が開発したm-トラネキサム酸を配合している他、リニューアルを機に、ふわふわもちもちしている赤ちゃんの肌に大人よりもたくさん存在しているアミノ酸ことベビーアミノ酸を配合しています。

B美「ベビーアミノ酸っていうのが気になって選んだんだけどどうだった?」

A子「美白成分じゃないから脇の黒ずみへの直接的な影響はなさそうだよね。」

C菜「でも、赤ちゃんって黒ずみないからなんとなく効果がありそうな感じはする。」

A子「まあね。けど、脇が赤ちゃんみたいなもちもちした肌になっても…。そういうのは顔に使ってこその効果じゃない?」

C菜「あー、そっかー。」

脇用じゃない美白化粧水の脇黒ずみへの効果の有無③

脇用じゃない美白化粧水でも脇の黒ずみは改善するはず、でも、使ってみないことには結論を出せないので使ってみた、C菜チョイス美白化粧水の使用レポです。

名称:白潤 薬用美白化粧水
メーカー/ブランド:肌ラボ
価格:オープン価格
用量:170ミリリットル
成分:アルブチン、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸Na

プチプラながら実力派スキンケアアイテムが多い肌ラボのブランドのひとつ・白潤の美白化粧水。ヒアルロン酸を使ったアイテムの多い肌ラボらしく、こちらもヒアルロン酸配合です。

C菜「普通のヒアルロン酸よりも小さくしたヒアルロン酸が入ってるんだって、これ。」

B美「じゃあ、浸透しやすいってこと?」

C菜「そうみたい。B美ほどじゃないけど乾燥することがあるから、美白成分だけじゃなくて保湿成分も入ってる美白化粧水を選んでみたの。」

A子「オープン価格だけどプチプラだから選んだのかと思ってた。」

C菜「それもある。それもあるけど、私今回全部ヒアルロン酸入りの美白化粧水選んでるんだよ~。」


名称:美白化粧水 VC
メーカー/ブランド:ちふれ
価格:税別 800円
用量:180ミリリットル
成分:ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸、トレハロース、油溶性甘草エキス

2種類あるちふれの美白化粧水の、青いボトルのほうです。美白成分としてビタミンC誘導体と油溶性甘草エキスを配合。また、肌荒れを落ち着かせる成分として抗炎症成分・グリチルリチン酸ジカリウムを配合。そして、保湿成分としてヒアルロン酸とトレハロースも配合しています。

C菜「生理前とか肌荒れしやすいからグリチルリチン酸ジカリウムが効きそうだなって思って。肌荒れするのは顔だから脇じゃないんだけどね。」

A子「あれ、でも、グリチルリチン酸ジカリウムってグリチルリチン酸2Kの別名じゃなかった?グリチルリチン酸2Kって脇の黒ずみ専用アイテムに配合されてることがあるからあながち間違ってないよ!」

B美「脇汗パットとかブラウスと脇がこすれて炎症を起こして黒ずみになっちゃった人には合ってる美白化粧水なんじゃない?私ちょっと効果あるように感じたもの。」


名称:美白化粧水 W
メーカー/ブランド:ちふれ
価格:税別 1,100円
用量:180ミリリットル
成分:アルブチン、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、トレハロース

2種類あるちふれの美白化粧水の、赤いボトルのほうです。アルブチンとビタミンC誘導体というWの美白成分を配合。青いボトルのほうの美白化粧水が厚生労働省に認可されているイコール医薬部外品の美白成分を1種類しか使っていない(※油溶性甘草エキスは厚生労働省に認められている美白成分ではありません)のに対して、こちらは2種類使っているので名称にWとついています。
保湿成分は青いボトルと同じくヒアルロン酸とトレハロースですが、こちらよりももっとしっとりした使用感の赤いボトルの美白化粧水も販売されています。

B美「青いボトルもそうだったけどこの赤いボトルももうちょっと保湿力が欲しいかな。」

A子「私はどっちもちょうど良かったなー。」

C菜「私は青いボトルのほうが好みだった。青いボトルのほうに入ってるグリチルリチン酸ジカリウムとの相性がイイのかも。」

A子「炎症しやすいもしくは炎症を起こしてる脇の黒ずみには青いボトルで、より美白力が欲しい場合には美白成分がWど配合されている赤いボトルを選ぶと良さそう。って言っても、青も赤も黒ずみがすごく改善したかというとそういうわけではないんだよね…。」

単品使用に向いていない美白化粧水を脇黒ずみに使っても…

美白効果を持つ成分が配合されている美白化粧水は、理論上は脇の黒ずみを美白できます。が、私達は実際に美白化粧水によるケアを始めたものの、3人で相談の上で、2週間で使用をやめました。理由は、ふたつ。

美白化粧水では脇の黒ずみ改善効果が薄い

2週間を、2週間もと考えるか2週間しかと考えるかは、人それぞれだとは思います。脇などの黒ずみの改善を目的としたケアをする、ということであれば、2週間「も」ではなく2週間「しか」だとも思います。それでも2週間で美白化粧水を脇の黒ずみに使用するのをやめたのは、改善効果が低いと感じたからです。そしてそれは2週間しか使っていないからではなく、今後も低いままであろうと予想がつきました。

美白化粧水だけでは乾燥しやすい

おこづかいが少ない中高生がスキンケアアイテムをひとつだけ買うなら化粧水ではないでしょうか。でも私達のような中高生ではないお姉さん世代の肌は、化粧水だけでスキンケアを終われません。化粧水のあとに美容液や乳液やクリームを使わないと、乾燥を感じます。それは顔の話だけではなく脇にも当てはまることです。
水分には蒸発してなくなる性質があります。美白化粧水だけを使用しても一時的にしかうるおわず、水分が蒸発したあとは化粧水を使用する前の状態に戻ってしまいます。
これでは、2週間より長い期間美白化粧水を使い続けたとしても、脇の黒ずみの目に見える改善は見込めません。

ようするに、美白化粧水に限らず化粧水全般が単品使用に向いていないんです。したがって、美白化粧水を脇の黒ずみに使ってみると乾燥肌でなくても乾燥を感じやすく、乾燥がメラニン生産の引き金になりかねないというリスクがあります。

美白化粧水を脇の黒ずみケアに使うなら①保湿アイテムを重ねる

美白化粧水は単品使用に向いていない。なら、単品使用しなければいい。ということで、

美白化粧水のあとに…
→保湿クリーム
→美白クリーム
→美白美容液
→乳液
→美白ジェル

上記のように、美白化粧水のあとに保湿力を持つアイテムを重ねる作戦であれば乾燥ひいては乾燥をきっかけとするメラニン生産は予防できます。
美白化粧水のあとに使うアイテムはお好みで。保湿力重視で保湿クリームにしても良し、保湿力と美白力を兼ね備えた美白クリームにしても良し、有効成分がぎゅっと詰まっている物が多い美白美容液を選んでも良し、クリームよりも使用感の軽い乳液にしても良し、さっぱりした使用感ながらも保湿できる美白ジェルにしても良し。
ただし、美白クリームや美白美容液や美白ジェルの中には保湿成分が配合されていてもさっぱりした使用感になっているがために保湿力がイマイチな物もあるので要注意です。

美白化粧水を脇の黒ずみケアに使うなら②保湿力の高い物を選ぶ

コストや手間を考えると、脇の黒ずみ改善ケアに使用するアイテムは多いよりは少ないほうが良いでしょう。とはいえ、美白化粧水の単品使用よりは美白化粧水と保湿アイテムを重ねる併用使用が望ましいです。が、使用するアイテムを減らすことを、つまり、美白化粧水の単品使用を選ぶあるいは選びたい人もいるわけで。
そういう場合は、使用する化粧水の成分をチェックし、ヒアルロン酸のような保湿成分が配合されている物を選んでください。それと、保湿成分は複数配合されていても問題はないので、保湿成分がオンリー1な物よりも複数入っている物を選ぶことを推奨します。あとは、水分を挟み込むセラミド、水分を抱え込むヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンのような、保湿成分の中でも特に保湿力が高い保湿成分が配合されている美白化粧水であれば言うことなしです。
もっとも、どんなに保湿成分が配合されていても使ってみて乾燥しているように感じるなら、単品使用はあきらめましょう。素直に保湿アイテムを重ねるのが得策です。

脇の黒ずみ専用アイテムに美白化粧水が見当たらないことに納得

実際に商品を使うことで使用感や効果を文字通り肌で感じることはわかっていたつもりでした。でも、それだけでなく、実際に商品を使うことでその商品の弱点や盲点が見えてくるんだなあと今回学びました。
美白化粧水の場合、「脇の黒ずみの改善は理論上は可能だが水分が蒸発するという弱点があるのでケアアイテムとしてものすごく優秀なわけではない」という弱点が見え、脇の黒ずみ専用アイテムに美白化粧水が見当たらないことに納得しかありません。
何もしないで黒ずんでいる部位を放置するよりは美白化粧水を単品でも塗るほうがケアにはなります。ただやっぱり、脇の黒ずみを改善するならもっと適した物があるはずです。例えば、美白力と保湿力を兼ね備えている美容液やクリームが理想です。