ピューレパールは脇での使用をプッシュしている黒ずみ改善アイテム

黒ずみは脇だけに起きる現象ではありません。
脇以外の部位、デリケートゾーンやひじや膝も黒ずんでしまうことがありますし、バストトップ(乳首)の色が濃いために黒っぽく見えるのも黒ずみの一種だと考えられます。
そのため、黒ずみ改善アイテムのほとんどは複数部位で使えるようになっています。でないと、ユーザーが限定されて需要と供給が一致しづらくなってしまい、メーカーにとってもユーザーにとっても良いことなしですから。

デリケートゾーンでの使用をプッシュしていたり脇での使用をプッシュしていたりと、メーカーごとに特色があります。脇の黒ずみを改善したいなら、脇での使用をプッシュしているメーカーの物を使うほうが効果を感じやすいはず。
ということで、脇での使用をプッシュしているメーカーの物のひとつ、ピューレパールの実力を探っていきます。

ピューレパールは脇の黒ずみ改善アイテムとして支持されている

ピューレパールの公式サイトを開くとまず目につくのが「ワキの黒ずみ」という文字です。

少しスクロールすると「ワキ以外の部位にもお使いいただけます。」の一文と使える部位のイラストが目に入るものの、ピューレパールは脇の黒ずみに特化している印象を受けます。

実際、脇に限定した黒ずみケア商品のアンケートで1500人近い女性から支持されたというアンケート結果を誇っていますから、黒ずんだ脇の改善効果に期待が高まります。

期待しつつ、値段と効果という2大ポイントをチェックしていきましょう。

ピューレパールは定期にしなくてもどの決済方法でも手数料無料

ピューレパールは、容量は30グラム、通常購入価格は税別7,600円、送料は税別600円と、脇の黒ずみ改善アイテム業界ではいずれも普通というか妥当な価格帯です。価格だけを重視するとちょっと弱いかもしれません。

ただし、ピューレパールには手数料無料という強みがあります。

定期購入することで送料や手数料が無料になるのはよくあることですよね?

ピューレパールの場合、通常購入でも手数料が無料なんです。
決済方法がいくつかあって、代引とクレジットカードと後払い(郵便もしくはコンビニ振込)が選べるのですが、どれを選んでも手数料は無料!たかが数百円といってもされど数百円。無料になるのは嬉しいです。

ピューレパール商品メモ
容量 30グラム
通常購入価格 税別7,600円
通常購入時送料 税別600円
通常購入時手数料 無料
同封物 返金保証についての説明用紙など
定期購入価格 税別4,750円
定期の縛り回数 3回

それでもやっぱり、通常購入と定期購入だったら定期購入のほうがお得です。

~購入スタイル別価格表~

価格 送料 手数料
通常購入 税別7,600円 税別600円 無料
定期購入 税別4,750円 無料 無料

7,600-4,750=3,450円。

よって、通常購入と定期購入とでは税別3,450円の差があります。それと、定期購入だと送料(税別600円)がかからないというメリットも。

しかしながら、定期購入がどんなにお得でも、“縛り”回数が多いと一歩踏み出せないという声をよく耳にします。

定期購入はお得に買える代わりに1回で「やーめた」と投げ出すことができません。肌に合わなくて使い続けることが困難といった特別な理由がない限りは決められた回数を続けるのがルールで、その決められた回数のことを俗に“縛り”と呼びます。

じゃあピューレパールの縛りは何回なのかというと3回です。
この縛り回数3回というのはよくある回数で、定期購入の縛り回数の基準になるくらいよく見かける回数でもあります。

そう考えると、ピューレパールは定期購入のほうが4,000円以上(=通常と定期差額税別3,450円+送料600円)も安くなって、その上、定期購入に踏み出しにくいほどの縛り回数ではないわけで、わざわざ通常購入を選択するのはもったいない話です。

さて、ピューレパールの定期購入にも『特典』があります。

  • 税別3,450円お得に買えること
  • 送料と代引手数料が無料になること
  • プラチナ会員制度
  • 返金保証制度
  • 注文し忘れる心配がないこと
  • 電話ひとつで解約可能
  • お届け周期変更が自由

という7種類の特典です。「注文し忘れる心配がない」のは「定期購入ってそういうものじゃ…?」と思わなくもないですが、通常購入との違いだと思えばまあ納得できます。

なお、「プラチナ会員制度」というのは定期購入4回目からさらに10パーセントオフになるという内容。定期購入4回目からピューレパールの支払い金額が税別4,280円になるということです。

ピューレパールの効果を支える脇の黒ずみ改善成分・プラセンタエキス

続いて、ピューレパールの効果を支える脇の黒ずみ改善成分について。

メインとなる成分は、プラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムです。
グリチルリチン酸ジカリウムはおなじみのグリチルリチン酸2Kのこと。おなじみ成分なので詳細は省略しますね。

復習すると、抗炎症成分、つまり、炎症に効果を発揮する成分です。

プラセンタエキスってどんな成分?

プラセンタエキスとはプラセンタから抽出したエキスのことですが、プラセンタって何?という話ですよね。
プラセンタとは胎盤を意味する英単語です。

胎盤は、妊娠すると形成されるあの胎盤で合っています。

おなかの中にいる赤ちゃんのベッドのような物です。どうしてそんな物が脇の黒ずみ改善アイテムに使われているのかというと、胎盤の成分が栄養面でも美容面でもとても優れているからです。というか、栄養面で優れているから美容面でも優れていると言うべきですね。胎盤には、

  • ビタミン類
  • アミノ酸類
  • ミネラル類
  • 酵素

などが含まれていて、それゆえに、

  • 美白
  • 保湿
  • 血行促進
  • 新陳代謝活性化
  • 抜け毛予防

などの効果を発揮することが判明しています。美容にもプラスとなる効果であるため、化粧品に使われたりサプリメントに使われたりとプラセンタの活躍の場は年々広まっています。

化粧品に使われているプラセンタは基本的には豚由来の物です。狂牛病が問題となって以来、牛のプラセンタは使われなくなりました。
日本では人間由来のプラセンタを化粧品に配合することは禁止されています。

プラセンタは厚生労働省に認められている美白成分、かつ、メラニン色素の生産を抑制するタイプです。それだけでなく、新陳代謝活性効果も合わせ持つため、メラニン色素の排出も見込めます。

すなわち、脇の黒ずみの予防も改善もできるという、なんとも頼もしい成分です。

それから、ピューレパールで特筆すべきは成分がナノ化されている点。
ナノ化とはざっくり言うと小さくすることです。
物質の最小単位は分子だって習ったことはありませんか?どんな成分も分子レベルで考えると目に見えないくらい小さいサイズになるんですけども、そんなに小さくても皮膚の奥まで浸透させるには大き過ぎます。

大きいので、引っかかって入っていきません。

そこで、小さくすることで浸透しやすくしようというのが近年使われるようになったナノ化という技術で、ピューレパールはそのナノ化で脇黒ずみ改善成分を浸透しやすくしています。

ピューレパールの脇黒ずみ改善度は?口コミ評価を点数化して採点

~脇黒ずみ改善アイテム成績表~
価格 ☆☆☆☆★[4.4/5.0]
価格帯は普通でも手数料がかからないピューレパールは通常購入価格(税別7,600円)も定期購入価格(税別4,750円)も送料(税別600円)も容量(30グラム)も普通です。ですが、通常購入でも手数料が無料という良心的なところを評価したいですね。なんと、クレカ決済でも代引でもコンビニ後払いでも手数料無料。定期購入は送料も無料。
返金保証 ☆☆☆★★[3.5/5.0]
あと3日は欲しいピューレパールの返金保証期間は25日です。返金保証はないよりあったほうがいいとはいえ絶対にあるものではない。わかっていても、1か月に満たない日数はちょっと短く感じてしまいます。過去に60日間だったことがあるので、半分の30日、せめてもう3日足して28日にしてほしいです。
安全性 ☆☆☆☆★[4.5/5.0]
国内工場で生産している安心安全さピューレパールは日本国内の工場で生産されています。
化粧品の原産国名ってちょっとややこしくて、化粧品の中身を製造した工場の所在地を意味してるんですよ。日本で中身を作って海外に送って海外でパッケージに詰めたとしたら、全部の工程を日本で作っていなくてもそれはメイドインジャパンになります。その点、ピューレパールは国内工場で作られているので、安心安全です。
黒ずみ解消成分 ☆☆☆☆★[4.5/5.0]
黒ずみの予防も改善もできるプラセンタ厚生労働省が認めている美白成分であるプラセンタはメラニン色素の生産を抑制するのみならずメラニン色素の排出をうながす効果まで持っていて、一人二役ならぬ一成分二役を果たしています。そして、抗炎症成分であるグリチルリチン酸2Kも配合されていて炎症が起きていても鎮めてくれます。
効果実感 ☆☆☆☆★[4.5/5.0]
ナノ化が成分の浸透を助けてくれるピューレパールは成分をナノ化、つまり、成分本来のサイズよりも小さくしています。そうすることで、分子サイズによっては通り抜けられない皮膚の層を通り抜けられるようにしているため、脇黒ずみ改善成分が浸透しやすくなっています。そのぶん、効果を感じやすくなっています。
総合評価 価格:4.4
返金保証:3.5
安全性:4.5
黒ずみ解消成分:4.5
効果実感:4.5総合評価点:21.4点

返金保証期間が足を引っ張っているが他は高評価

返金保証期間が短めなせいでそこが足を引っ張っています。通常購入でも手数料が無料という良心的さを評価しても返金保証期間が長くはないので相殺されてしまうんですね。もっとも、返金保証期間が25日間である点が気にならないなら何の問題もありません。
成分が持っている効果に頼りっぱなしになるのではなくナノ化して浸透を良くするという工夫を凝らしているので、浸透の良し悪しが気になる人にオススメの脇黒ずみ改善アイテムです。

口コミは置いておいてピューレパールを自分で2か月間使用しました

使用前【写真準備中】

まず、ビフォアから。ピューレパール使用前です。お世辞にも黒くないとは言えない脇。はっきり言ってしまえば、だれがどう見ても黒い脇です。

1週間目(7日間経過)【写真準備中】

プルプルとしたジェルです。ジェルってたまに変にベタベタする物がありますけど、ピューレパールはそんなこともなく、比較的サッパリとした使い心地。使い始めて1週間では脇の見た目に変化はないものの、使い心地は気に入りました。

2週間目(14日間経過)【写真準備中】

2週間目。まだ見た目に変化はありません。が、見た目ではわからなくてもさわった感じが変化してきました。やわらかくなった?ピューレパールの保湿効果でゴワゴワしていた脇の皮膚がやわらかくなってきたように感じます。

1か月目(30日間経過)【写真準備中】

ピューレパール1個、きっちり使い切りました。ビフォアの写真とくらべると少し薄くなったように見えます。1か月目でこれなら個人的には満足!ですが、ここから停滞しては困るので引き続き使い続けます。

2か月目(60日間経過)【写真準備中】

ピューレパール2個目もきっちり使い切りました。ビフォアとくらべても、1か月目とくらべても、薄くなっています!ただ、ピューレパールの縛り回数が3回であることを考慮すると、最低でも3個は使い切るべきでしょうね。3個目から効果を感じ始める人が多いから3回縛りになっているわけですから。

ピューレパールが脇の黒ずみ改善ケアに使われる3つの理由

 

メラニン色素の抑制も排出も叶えてくれる

脇やデリケートゾーンの黒ずみを改善したいなら、メラニン色素の生産にブレーキをかける必要があります。
メラニン色素が生産され続けた結果黒ずんでしまっているわけで、生産されっぱなしになっている可能性が非常に高いからです。仮に、生産が止まっているとしても、黒ずみを悪化させないためにもメラニン色素の生産にはブレーキをかけなければなりません。

それだけでなく、すでに存在しているメラニン色素の排出を促進させるのが理想的です。
人間の皮膚にはターンオーバーと呼ばれる新陳代謝機能が備わっているため、本来であればメラニン色素は自然に排出されます。が、黒ずんでいる場合、排出が上手くいっていない、遅い、メラニン色素の生産スピードが排出スピードを上まわっているなどが考えられるため、メラニン色素の排出をスムーズにしてあげたほうが黒ずみは改善します。

ピューレパールに配合されているプラセンタエキスは、メラニン色素の抑制も排出も叶えてくれる成分です。そういう頼もしい成分を配合しているからピューレパールは脇の黒ずみ改善アイテムとして知名度が高いのだと考えられます。

 

成分がナノ化されている

料理に使うザルを思い浮かべてください。ザルは、水は通しますが、野菜など料理の材料は通しませんよね?
ある程度カットしたとしても野菜のほうがザルの網目よりも大きいはずです。肌は例えるならザルで、野菜のように大きな物は通せません。水が通るならOKですか?でも、化粧品の成分は水分の多い化粧水でもザルにとっての水ではなく野菜なんです。ザルにとっての水のように小さなサイズの成分もありますが。

そこで、ザルにとっての野菜を水くらい小さくすることで通り抜けられるようにしようと、ピューレパールにはナノ化という成分を小さくする技術が使われています。ナノ化されていることで、皮膚の最上層にとどまって肝心の黒ずみに届かないという問題点をクリアしているわけです。

国内工場生産を明言

MADE IN JAPANと表記されていれば基本的には日本製です。ところが、化粧品の表記だと原産国名という扱いであるため、化粧品の中身が日本製ならパッケージが海外製でも海外でパッケージに詰めていてもメイドインジャパン扱いになります。オール日本製じゃないかもしれないわけです。日本製だからと選んだのにオール日本製じゃなかったらショックですし、なんとなくその商品への信頼度が落ちますよね。
その点、ピューレパールは日本国内の工場で製造していることを公式サイトで写真つきで明言していますから、信頼に足ります。

また、5つの無添加を掲げていて、

  • 合成香料
  • 合成色素
  • パラベン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

を添加していないため、敏感肌でも安心して使えます。

ピューレパールは脇での使用をプッシュしている黒ずみ改善アイテム

黒ずみは脇だけに起きる現象ではありません。
脇以外の部位、デリケートゾーンやひじや膝も黒ずんでしまうことがありますし、バストトップ(乳首)の色が濃いために黒っぽく見えるのも黒ずみの一種だと考えられます。
そのため、黒ずみ改善アイテムのほとんどは複数部位で使えるようになっています。でないと、ユーザーが限定されて需要と供給が一致しづらくなってしまい、メーカーにとってもユーザーにとっても良いことなしですから。

デリケートゾーンでの使用をプッシュしていたり脇での使用をプッシュしていたりと、メーカーごとに特色があります。脇の黒ずみを改善したいなら、脇での使用をプッシュしているメーカーの物を使うほうが効果を感じやすいはず。
ということで、脇での使用をプッシュしているメーカーの物のひとつ、ピューレパールの実力を探っていきます。

ピューレパールは脇の黒ずみ改善アイテムとして支持されている

ピューレパールの公式サイトを開くとまず目につくのが「ワキの黒ずみ」という文字です。

少しスクロールすると「ワキ以外の部位にもお使いいただけます。」の一文と使える部位のイラストが目に入るものの、ピューレパールは脇の黒ずみに特化している印象を受けます。

実際、脇に限定した黒ずみケア商品のアンケートで1500人近い女性から支持されたというアンケート結果を誇っていますから、黒ずんだ脇の改善効果に期待が高まります。

期待しつつ、値段と効果という2大ポイントをチェックしていきましょう。

ピューレパールは定期にしなくてもどの決済方法でも手数料無料

ピューレパールは、容量は30グラム、通常購入価格は税別7,600円、送料は税別600円と、脇の黒ずみ改善アイテム業界ではいずれも普通というか妥当な価格帯です。価格だけを重視するとちょっと弱いかもしれません。

ただし、ピューレパールには手数料無料という強みがあります。

定期購入することで送料や手数料が無料になるのはよくあることですよね?

ピューレパールの場合、通常購入でも手数料が無料なんです。
決済方法がいくつかあって、代引とクレジットカードと後払い(郵便もしくはコンビニ振込)が選べるのですが、どれを選んでも手数料は無料!たかが数百円といってもされど数百円。無料になるのは嬉しいです。

ピューレパール商品メモ
容量 30グラム
通常購入価格 税別7,600円
通常購入時送料 税別600円
通常購入時手数料 無料
同封物 返金保証についての説明用紙など
定期購入価格 税別4,750円
定期の縛り回数 3回

それでもやっぱり、通常購入と定期購入だったら定期購入のほうがお得です。

~購入スタイル別価格表~

価格 送料 手数料
通常購入 税別7,600円 税別600円 無料
定期購入 税別4,750円 無料 無料

7,600-4,750=3,450円。

よって、通常購入と定期購入とでは税別3,450円の差があります。それと、定期購入だと送料(税別600円)がかからないというメリットも。

しかしながら、定期購入がどんなにお得でも、“縛り”回数が多いと一歩踏み出せないという声をよく耳にします。

定期購入はお得に買える代わりに1回で「やーめた」と投げ出すことができません。肌に合わなくて使い続けることが困難といった特別な理由がない限りは決められた回数を続けるのがルールで、その決められた回数のことを俗に“縛り”と呼びます。

じゃあピューレパールの縛りは何回なのかというと3回です。
この縛り回数3回というのはよくある回数で、定期購入の縛り回数の基準になるくらいよく見かける回数でもあります。

そう考えると、ピューレパールは定期購入のほうが4,000円以上(=通常と定期差額税別3,450円+送料600円)も安くなって、その上、定期購入に踏み出しにくいほどの縛り回数ではないわけで、わざわざ通常購入を選択するのはもったいない話です。

さて、ピューレパールの定期購入にも『特典』があります。

  • 税別3,450円お得に買えること
  • 送料と代引手数料が無料になること
  • プラチナ会員制度
  • 返金保証制度
  • 注文し忘れる心配がないこと
  • 電話ひとつで解約可能
  • お届け周期変更が自由

という7種類の特典です。「注文し忘れる心配がない」のは「定期購入ってそういうものじゃ…?」と思わなくもないですが、通常購入との違いだと思えばまあ納得できます。

なお、「プラチナ会員制度」というのは定期購入4回目からさらに10パーセントオフになるという内容。定期購入4回目からピューレパールの支払い金額が税別4,280円になるということです。

ピューレパールの効果を支える脇の黒ずみ改善成分・プラセンタエキス

続いて、ピューレパールの効果を支える脇の黒ずみ改善成分について。

メインとなる成分は、プラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムです。
グリチルリチン酸ジカリウムはおなじみのグリチルリチン酸2Kのこと。おなじみ成分なので詳細は省略しますね。

復習すると、抗炎症成分、つまり、炎症に効果を発揮する成分です。

プラセンタエキスってどんな成分?

プラセンタエキスとはプラセンタから抽出したエキスのことですが、プラセンタって何?という話ですよね。
プラセンタとは胎盤を意味する英単語です。

胎盤は、妊娠すると形成されるあの胎盤で合っています。

おなかの中にいる赤ちゃんのベッドのような物です。どうしてそんな物が脇の黒ずみ改善アイテムに使われているのかというと、胎盤の成分が栄養面でも美容面でもとても優れているからです。というか、栄養面で優れているから美容面でも優れていると言うべきですね。胎盤には、

  • ビタミン類
  • アミノ酸類
  • ミネラル類
  • 酵素

などが含まれていて、それゆえに、

  • 美白
  • 保湿
  • 血行促進
  • 新陳代謝活性化
  • 抜け毛予防

などの効果を発揮することが判明しています。美容にもプラスとなる効果であるため、化粧品に使われたりサプリメントに使われたりとプラセンタの活躍の場は年々広まっています。

化粧品に使われているプラセンタは基本的には豚由来の物です。狂牛病が問題となって以来、牛のプラセンタは使われなくなりました。
日本では人間由来のプラセンタを化粧品に配合することは禁止されています。

プラセンタは厚生労働省に認められている美白成分、かつ、メラニン色素の生産を抑制するタイプです。それだけでなく、新陳代謝活性効果も合わせ持つため、メラニン色素の排出も見込めます。

すなわち、脇の黒ずみの予防も改善もできるという、なんとも頼もしい成分です。

それから、ピューレパールで特筆すべきは成分がナノ化されている点。
ナノ化とはざっくり言うと小さくすることです。
物質の最小単位は分子だって習ったことはありませんか?どんな成分も分子レベルで考えると目に見えないくらい小さいサイズになるんですけども、そんなに小さくても皮膚の奥まで浸透させるには大き過ぎます。

大きいので、引っかかって入っていきません。

そこで、小さくすることで浸透しやすくしようというのが近年使われるようになったナノ化という技術で、ピューレパールはそのナノ化で脇黒ずみ改善成分を浸透しやすくしています。

ピューレパールの脇黒ずみ改善度は?口コミ評価を点数化して採点

~脇黒ずみ改善アイテム成績表~
価格 ☆☆☆☆★[4.4/5.0]
価格帯は普通でも手数料がかからないピューレパールは通常購入価格(税別7,600円)も定期購入価格(税別4,750円)も送料(税別600円)も容量(30グラム)も普通です。ですが、通常購入でも手数料が無料という良心的なところを評価したいですね。なんと、クレカ決済でも代引でもコンビニ後払いでも手数料無料。定期購入は送料も無料。
返金保証 ☆☆☆★★[3.5/5.0]
あと3日は欲しいピューレパールの返金保証期間は25日です。返金保証はないよりあったほうがいいとはいえ絶対にあるものではない。わかっていても、1か月に満たない日数はちょっと短く感じてしまいます。過去に60日間だったことがあるので、半分の30日、せめてもう3日足して28日にしてほしいです。
安全性 ☆☆☆☆★[4.5/5.0]
国内工場で生産している安心安全さピューレパールは日本国内の工場で生産されています。
化粧品の原産国名ってちょっとややこしくて、化粧品の中身を製造した工場の所在地を意味してるんですよ。日本で中身を作って海外に送って海外でパッケージに詰めたとしたら、全部の工程を日本で作っていなくてもそれはメイドインジャパンになります。その点、ピューレパールは国内工場で作られているので、安心安全です。
黒ずみ解消成分 ☆☆☆☆★[4.5/5.0]
黒ずみの予防も改善もできるプラセンタ厚生労働省が認めている美白成分であるプラセンタはメラニン色素の生産を抑制するのみならずメラニン色素の排出をうながす効果まで持っていて、一人二役ならぬ一成分二役を果たしています。そして、抗炎症成分であるグリチルリチン酸2Kも配合されていて炎症が起きていても鎮めてくれます。
効果実感 ☆☆☆☆★[4.5/5.0]
ナノ化が成分の浸透を助けてくれるピューレパールは成分をナノ化、つまり、成分本来のサイズよりも小さくしています。そうすることで、分子サイズによっては通り抜けられない皮膚の層を通り抜けられるようにしているため、脇黒ずみ改善成分が浸透しやすくなっています。そのぶん、効果を感じやすくなっています。
総合評価 価格:4.4
返金保証:3.5
安全性:4.5
黒ずみ解消成分:4.5
効果実感:4.5総合評価点:21.4点

返金保証期間が足を引っ張っているが他は高評価

返金保証期間が短めなせいでそこが足を引っ張っています。通常購入でも手数料が無料という良心的さを評価しても返金保証期間が長くはないので相殺されてしまうんですね。もっとも、返金保証期間が25日間である点が気にならないなら何の問題もありません。
成分が持っている効果に頼りっぱなしになるのではなくナノ化して浸透を良くするという工夫を凝らしているので、浸透の良し悪しが気になる人にオススメの脇黒ずみ改善アイテムです。

口コミは置いておいてピューレパールを自分で2か月間使用しました

使用前【写真準備中】

まず、ビフォアから。ピューレパール使用前です。お世辞にも黒くないとは言えない脇。はっきり言ってしまえば、だれがどう見ても黒い脇です。

1週間目(7日間経過)【写真準備中】

プルプルとしたジェルです。ジェルってたまに変にベタベタする物がありますけど、ピューレパールはそんなこともなく、比較的サッパリとした使い心地。使い始めて1週間では脇の見た目に変化はないものの、使い心地は気に入りました。

2週間目(14日間経過)【写真準備中】

2週間目。まだ見た目に変化はありません。が、見た目ではわからなくてもさわった感じが変化してきました。やわらかくなった?ピューレパールの保湿効果でゴワゴワしていた脇の皮膚がやわらかくなってきたように感じます。

1か月目(30日間経過)【写真準備中】

ピューレパール1個、きっちり使い切りました。ビフォアの写真とくらべると少し薄くなったように見えます。1か月目でこれなら個人的には満足!ですが、ここから停滞しては困るので引き続き使い続けます。

2か月目(60日間経過)【写真準備中】

ピューレパール2個目もきっちり使い切りました。ビフォアとくらべても、1か月目とくらべても、薄くなっています!ただ、ピューレパールの縛り回数が3回であることを考慮すると、最低でも3個は使い切るべきでしょうね。3個目から効果を感じ始める人が多いから3回縛りになっているわけですから。

ピューレパールが脇の黒ずみ改善ケアに使われる3つの理由

 

メラニン色素の抑制も排出も叶えてくれる

脇やデリケートゾーンの黒ずみを改善したいなら、メラニン色素の生産にブレーキをかける必要があります。
メラニン色素が生産され続けた結果黒ずんでしまっているわけで、生産されっぱなしになっている可能性が非常に高いからです。仮に、生産が止まっているとしても、黒ずみを悪化させないためにもメラニン色素の生産にはブレーキをかけなければなりません。

それだけでなく、すでに存在しているメラニン色素の排出を促進させるのが理想的です。
人間の皮膚にはターンオーバーと呼ばれる新陳代謝機能が備わっているため、本来であればメラニン色素は自然に排出されます。が、黒ずんでいる場合、排出が上手くいっていない、遅い、メラニン色素の生産スピードが排出スピードを上まわっているなどが考えられるため、メラニン色素の排出をスムーズにしてあげたほうが黒ずみは改善します。

ピューレパールに配合されているプラセンタエキスは、メラニン色素の抑制も排出も叶えてくれる成分です。そういう頼もしい成分を配合しているからピューレパールは脇の黒ずみ改善アイテムとして知名度が高いのだと考えられます。

 

成分がナノ化されている

料理に使うザルを思い浮かべてください。ザルは、水は通しますが、野菜など料理の材料は通しませんよね?
ある程度カットしたとしても野菜のほうがザルの網目よりも大きいはずです。肌は例えるならザルで、野菜のように大きな物は通せません。水が通るならOKですか?でも、化粧品の成分は水分の多い化粧水でもザルにとっての水ではなく野菜なんです。ザルにとっての水のように小さなサイズの成分もありますが。

そこで、ザルにとっての野菜を水くらい小さくすることで通り抜けられるようにしようと、ピューレパールにはナノ化という成分を小さくする技術が使われています。ナノ化されていることで、皮膚の最上層にとどまって肝心の黒ずみに届かないという問題点をクリアしているわけです。

国内工場生産を明言

MADE IN JAPANと表記されていれば基本的には日本製です。ところが、化粧品の表記だと原産国名という扱いであるため、化粧品の中身が日本製ならパッケージが海外製でも海外でパッケージに詰めていてもメイドインジャパン扱いになります。オール日本製じゃないかもしれないわけです。日本製だからと選んだのにオール日本製じゃなかったらショックですし、なんとなくその商品への信頼度が落ちますよね。
その点、ピューレパールは日本国内の工場で製造していることを公式サイトで写真つきで明言していますから、信頼に足ります。

また、5つの無添加を掲げていて、

  • 合成香料
  • 合成色素
  • パラベン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤

を添加していないため、敏感肌でも安心して使えます。

 

結局ピューレパールを脇の黒ずみ改善に使うのはアリ?ナシ?

〇:価格帯は普通でも手数料がかからない良心的さ
通常購入価格及び送料、定期購入価格のいずれもが脇の黒ずみ改善アイテム業界の普通ラインであるため、納得できないくらい高いと感じるわけでないならGOサインを出して良い価格帯です。言い換えると、安さで選ぶにはちょっと弱い価格帯ではありますが。評価すべきは、通常購入でも手数料を取らない良心的さ。クレジット決済だと手数料無料というのは時々見かけますけれども、ピューレパールはクレジット決済でも代引でもコンビニ後払いでも手数料無料です。どうせお金を払うならそういう良心的な会社に払うほうが気持ち良く買い物できるというもの。

◎:黒ずみの予防も改善もできる成分配合
ピューレパールの主成分はプラセンタエキスとグリチルリチン酸2Kです。美白成分と抗炎症成分という組み合わせ自体は脇の黒ずみ改善アイテム業界ではめずらしくなく、むしろ主流。ですが、どんな美白成分を使っているかが黒ずんでいる部位を改善していく鍵になります。ピューレパールに使われているプラセンタはメラニン色素の生産を抑制するのみならず排出をうながす効果も持っているため、黒ずみの予防も改善もでき、予防しながら、あるいは、悪化させないようにしながら改善していくことが可能です。

◎:成分の浸透について考えられている
どんなに良い成分でも浸透が良くないと効果を発揮しきれません。ピューレパールに使われている美白成分・プラセンタエキスはさまざまな効果を持つ優れた成分ではありますが、浸透しなければ肝心のメラニン色素に届かず、その真価を発揮できないわけです。したがって、ナノ化しているピューレパールは成分の浸透についてもきちんと考えている商品だと言え、脇の黒ずみ改善ケアの強い味方になってくれます。